6アンダーグラウンド 革命 曲 5

アンダーグラウンド(英語:underground)とは、直訳すれば「地下」だが、文化のジャンルでは主流ではない地下の存在だが優れていると、肯定的な意味で使用されることも多い。 (闇市、地下経済は英語ではブラック・マーケット) フレデリック・ショパンの練習曲ハ短調作品10-12(仏: Étude op.10 nº12 英: Etude Op.10,No.12 )は『革命のエチュード』として知られるピアノ独奏のための作品。 1831年頃に書かれた。最初の練習曲集(作品10)の12番目として出版され、友人フランツ・リストに献呈された。 木管楽器が奏でる独特の甲高いトリルの響きと力強いティンパニのリズム、それに続く金管楽器の重低音の響きは迫力満点です! 関西のご年配の方々の中にはテレビドラマ「部長刑事」のオープニング曲として耳にされたことのある方も多いと思います。 まずはこの印象的な第4楽章の冒頭部分をダイジェストで聴いてみましょう。 佐渡裕指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ご紹介した動画は2011年5月20日に開催された佐渡裕の自身初となるベルリン・フィル定期演奏会での公演の様子です。 こちらの … 交響曲第5番『革命』、室内交響曲 マリス・ヤンソンス&ウィーン・フィル - ショスタコーヴィチ(1906-1975)のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 この記事では、 netflix「6アンダーグラウンド」で流れる曲をシーンと一緒に紹介。 ※ネタバレあり。 netflix「6アンダーグラウンド」の挿入歌19曲 ショスタコーヴィチ:交響曲第5番『革命』、プロコフィエフ:同第1番『古典』 バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィル - Shostakovich / Prokofievのページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップで … 曲目(吹奏楽)、ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチ(Dmitrii Dmitrievich Shostakovich)、交響曲第5番「革命」 SYMPHONY No.5(D.Shostakovich)、吹奏楽、吹奏楽コンクール … Copyright © 2020 気軽にクラシック! All Rights Reserved. とりあえずサブカルチャー的な音楽がアンダーグラウンドミュージックというカテゴリーに入ってきそうだが。。, 簡単に売れているか、売れていないかという指標だけを頼りにしてしまうのはナンセンスだ。. 交響曲第5番は、第4番などに見られるような先進的で前衛的な複雑な音楽とは一線を画し、古典的な単純明瞭な構成が特徴となっている。 この交響曲第5番は 革命 20周年という「記念すべき」年に初演され、これは熱烈な歓迎を受けた。

「Amazon Music Unlimited」無料体験を試してみる!使い方を完全ガイド!【2020年版】. 同じ曲でも良く聴こえているはずだ。 つまり良い曲をリリースしていて現場でも上手いミュージシャンがアンダーグラウンドでもオーバーグラウンドでも評価されるわけだ。 現場で最高のグルーブを生み出すことのできるプレイヤー

まずはダイジェストで聴いてみよう! オーケストラがフィナーレの開幕を爆発的に告げ ... まずはダイジェストで聴いてみよう! イングリッシュホルンが奏でる郷愁を誘う調べは ... まずはダイジェストで聴いてみよう! 私は生きるために死のう!よみがえる、そうだ、 ... まずはダイジェストで聴いてみよう! 弦楽器による静かな導入に続き、急に生気がみな ... まずはダイジェストで聴いてみよう! 開幕を告げるかのような力強い和音が2度響き渡 ... 当サイトでは「これからクラシック音楽を楽しんでみたい。」と言うクラシック初心者の方を対象に「おすすめのクラシック」「はじめてのクラシック」を管理人の感想を交えながら紹介しています。. 曲目(吹奏楽)、ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチ(Dmitrii Dmitrievich Shostakovich)、交響曲第5番「革命」 SYMPHONY No.5(D.Shostakovich)、吹奏楽、吹奏楽コンクール … 分かりやすく言うと「現実版ジャスティスリーグ」って感じですね。ちょいちょいバットマンネタ挟んでましたし。 ブルース・ウェインさながらの金持ちが、優れた能力の持ち主たちをリクルートしてチームアップして悪に立ち向かう的な話。 爆発もド派手なアクションも下手なアメコミ映画並みに大味になっています。 今回の任務は独裁者政権下にある中東の国トゥルギスタンのクーデターです。任務といっても誰からも依頼 … ショスタコーヴィチは名曲をたくさん作曲していますが、その中でも1番と言っていいほど有名で人気のある曲が交響曲第5番「革命」です。吹奏楽コンクールでもフィナーレは、多くの学校が挑戦しています。なんといっても、勢いとインパクトの強さが革命というタイトルを物語っています。では、どんな曲なのか調べてみました。, ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチDmitrii Dmitrievich ShostakovichДмитрий Дмитриевич Шостакович1906年9月25日~1975年8月9日(68歳), 年度:1937年11月21日指揮:エフゲニー・ムラヴィンスキー場所:レニングラード(現サンクトペテルブルク)演奏:レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団, 第1楽章 Moderato – Allegro non troppo 約15分第2楽章 Allegretto 約5分第3楽章 Largo 約15分第4楽章 Allegro non troppo 約12分, Moderato(中庸の速度) – Allegro non troppo(快速に速過 ぎず)(モデラート、ニ短調、4/4拍子)ソナタ形式(提示部→展開部→再現部)で構成される。冒頭の厳かな掛け合いとそれに続くゆっくりとした旋律が第1主題。その後、「タンタタ、タンタタ」のリズムに乗って弦楽器が弾く、ビゼーの歌劇『カルメン』の有名な「ハバネラ」を想起させる甘美な旋律が第2主題である。これらが緊迫した世界を構築していく。最後はチェレスタの半音階的なパッセージの反復で楽章は瞑想的に閉じられる。, Allegretto(やや快速に)(アレグレット、イ短調、3/4拍子)緊迫したスケルツォで、三部形式(A→B→A)。チェロとコントラバスによる厳かな序奏のあと、諧謔的な旋律が次々に現われ、グロテスクな様相を示す。中間部(B)では、独奏ヴァイオリンが民族色の濃い旋律を歌う。, Largo(幅広くゆっくりと)(ラルゴ、嬰ヘ短調、4/4拍子)金管楽器を除外した編成で、3つの主題をもとにした独自の形式で、精妙な美の世界が展開する(粛清の犠牲者に対するレクイエムとする解釈もある)。, Allegro non troppo(アレグロ・ノン・トロッポ、ニ短調、4/4拍子)ティンパニのリズムに乗って金管楽器が粗暴に「ラ、レー、ミー、ファー」と吹き鳴らす(主要主題)。そのあとに八分音符の刻みのリズムを背景に木管と第1ヴァイオリンがあわただしく駆け抜けていく(副主題)。これらの素材を起点としてこの楽章は構築される。途中には抒情的かつ瞑想的な場面などもあるが、最後は弦と木管が執拗に反復する「ラ」の音を背景に、圧倒的なファンファーレが鳴り響いて終わる。, PiccoloFlute 1Flute 2Oboe 1Oboe 2Bassoon 1Bassoon 2ContrabassoonE♭ ClarinetB♭ Clarinet 1B♭ Clarinet 2B♭ Clarinet 3Bass ClarinetAlto Saxophone 1Alto Saxophone 2Tenor SaxophoneBaritone Saxophone, B♭ Trumpet 1B♭ Trumpet 2B♭ Trumpet 3F Horn 1F Horn 2F Horn 3F Horn 4Trombone 1Trombone 2Trombone 3Baritone B.C.TubaString Bass, TimpaniCymbalTriangleBassDrumS.DrumGongXylophoneChimeHarpPiano, 1962年 (昭和37年)第10回 高校A 埼玉県立大宮工業高等学校 秋山紀夫  ● 2位1965年 (昭和40年)第13回 一般A 船橋吹奏楽団 箕輪弘之  ● 2位1967年 (昭和42年)第15回 中学A 滝川市立江陵中学校 松浦真  10位1969年 (昭和44年)第17回 高校A 富山県立富山商業高等学校 坪島照信  ● 3位1970年 (昭和45年)第18回 高校A 北海道遠軽高等学校 牛島富興  ● 銀賞1971年 (昭和46年)第19回 中学A 西宮市立今津中学校 得津武史  ● 金賞第19回 職場A 新日本製鉄釜石吹奏楽団 西村昌次  ● 銀賞1972年 (昭和47年)第20回 一般A 札幌青年交響吹奏楽団 坂井繁  ● 銀賞1973年 (昭和48年)第21回 職場A ブリヂストンタイヤ久留米工場吹奏楽団 小山卯三郎  ● 金賞1975年 (昭和50年)第23回 中学A 山形市立第三中学校 梅津庄四郎  ● 銅賞第23回 高校A 島根県立出雲高等学校 金本克康  ● 銅賞1976年 (昭和51年)第24回 中学A 豊島区立第十中学校 酒井正幸  ● 金賞1978年 (昭和53年)第26回 中学A 八戸市立湊中学校 五戸保夫 ライター ● 銀賞1982年 (昭和57年)第30回 高校A 沖縄県立首里高等学校 名渡山愛文 ライター ● 銅賞第30回 大学A 関西学院大学 梅田尚哉 ライター ● 金賞1990年 (平成2年)第38回 高校A 天理高等学校 新子菊雄 ライター ● 金賞1997年 (平成9年)第45回 高校A 福岡工業大学附属高等学校 屋比久勲 ライター ● 金賞1999年 (平成11年)第47回 高校A 岡山学芸館高等学校 吉市幹雄 ライター ● 銅賞2005年 (平成17年)第53回 大学A 駒澤大学 上埜孝 ライター ● 金賞2008年 (平成20年)第56回 高校A 富山県立高岡商業高等学校 神田賢二 ボコック ● 銀賞2009年 (平成21年)第57回 高校A 原田学園鹿児島情報高等学校 屋比久勲 ライター ● 銀賞2013年 (平成25年)第61回 高校A 札幌日本大学高等学校 木田恵介 ライター ● 銀賞第61回 職場・一般A ブリヂストン吹奏楽団久留米 冨田篤 榛葉光治 ● 金賞2014年 (平成26年)第62回 大学A 龍谷大学 若林義人 上埜孝 ● 銀賞2017年 (平成29年)第65回 大学A 福岡工業大学 柴田裕二 上埜孝 ● 金賞, コンクールでは第4楽章を演奏しますが、実績からするとやはり勝ち曲であるのは間違いないです。この曲を演奏できるだけのパワーがある団体(金管楽器が強い)が勝ち上がっているようです。コンクールだけでなく、演奏会のフィナーレで演奏すると盛り上がります。スタミナが必要ですが、また、挑戦したいと思える素晴らしい曲です。, In カミーユ・サン=サーンス(Camille Saint-Saens)、作曲・編曲、吹奏楽、歌劇「サムソンとデリラ」よりバッカナール、海外、音楽, In New Sounds in BRASS / ニューサウンズ・イン・ブラス、出版、吹奏楽、音楽, In ピータールー序曲、マルコム・ヘンリー・アーノルド(Malcolm Henry Arnold)、作曲・編曲、吹奏楽、海外、音楽, In ブリジストン吹奏楽団久留米、吹奏楽、吹奏楽 強豪団体、吹奏楽コンクール、福岡県, In さ、アルフレッド・リード(Alfred Reed)、オリジナル、吹奏楽、吹奏楽のための第一組曲(First Suite for Band)、音楽, 【吹奏楽】民衆を導く自由の女神(Liberty Guiding the People), 歌劇「サムソンとデリラ」よりバッカナール(Samson et Dalila)/C.サン=サーンス, 【吹奏楽】New Sounds in Brass NSB第48集 Official髭男dismメドレー, 【吹奏楽】吹奏楽のための第一組曲(First Suite for Band) / A.リード, ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチ(Dmitrii Dmitrievich Shostakovich), 曲目(吹奏楽)、ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチ(Dmitrii Dmitrievich Shostakovich)、交響曲第5番「革命」 SYMPHONY No.5(D.Shostakovich)、吹奏楽、吹奏楽コンクール、音楽, カントゥス・ソナーレ(Cantos Sonare for wind ensemble). (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); サブカルチャー (subculture) とは、ある社会で支配的な文化の中で異なった行動をし、しばしば独自の信条を持つ人々の独特な文化である。, 社会の支配的な文化(メインカルチャー)に対する、マイノリティの文化事象を指す言葉として使われている, 例えば、自分のやっている音楽が売れなかったときの言い訳としての「アンダーグラウンド」という逃げ道的な表現として用いられることがある。, 売れてしまえば自他共に認めるオーバーグラウンドになってしまうかもしれないが、生え抜きのミュージシャン達は誰もが同じように狭いライブハウスだったはずだ。, 売れない理由を「オレたちアングラだから」とか言っているのはカッコ悪い。都合の良いときだけその言葉を使用することはやめておこう。, 文字通り地下の音楽かもしれない。表舞台には立たなくても、現に売れているプロ達よりも上手いミュージシャンがいっぱいいる。, たまに「DJなんて人の曲を上手く繋いでかけるだけでしょ?」と、恥ずかしい発言をネットなどでみかける。, まず卵をといて、フライパンを火をかける。出汁で下味をつけたり、ネギを入れてみたりするのは選曲の作業と一緒だ。, 下味をつけたらフライパンにオン。巻き巻きする。その作業も一気に溶き卵をぶちまける人もいれば、職人さんみたいに少し入れて巻いて、、また少し入れて巻いてと巻く作業だけでも無数にあるはずだ。それがDJでいうと繋ぐ作業に等しい。, また下味をつける作業から始まって巻く作業に入る。べつに、だし巻き卵と限定されているわけではないので時にはスクランブルエッグにしてみたりと、タイミングを見て裏切っていかないと客も飽きる。, 料理の世界には正解はない。焦げた卵焼きもたしかに卵焼きであることに変わりはないが、それでは客が食べることもなく帰ってしまうだろう。, 「DJなんて誰だってできるよ」と言っているヤツに限って焦げた卵焼きを平然と作るのだろう。もしかしたら「ピカソって絵が下手だよね?」とか言っているかもしれない。, 当たり前だからドヤってそんなことを言うのはやめておこう。問題はあれだけの客を集められることと、客を飽きて帰らせないように何時間もプレイし続けることができるかどうかだ。そんなことを言ってしまうとただの僻みにしか感じない。, 話をもどそう。そんなDJの中でも曲をリリースして売れた人もいるが、曲を出しているわけでもないのにプレイのみが評価されて世界を飛び回る人がいる。, バンドでも近いことが言えるだろう。良い曲をリリースしているが、現場が下手なプレイヤーがいる。, 逆に言うと、曲はそれほど良く感じなくてもライブでの熱気がハンパないのは現場のプロだと言える。同じ曲でも良く聴こえているはずだ。, つまり良い曲をリリースしていて現場でも上手いミュージシャンがアンダーグラウンドでもオーバーグラウンドでも評価されるわけだ。, 結論づけると、地下のように広くはない空間でグルーヴをつくりだせるプレイヤーがアンダーグラウンドミュージックと言えるのではないだろうか?, テレビや広くて予算のかかっているものは、同じ現場だとしても演出によって得られている効果が大きい。まさにオーバーグラウンドだ。, シンプルで、目で視認できる範囲で演奏やプレイによってのみグルーヴを感じさせることができるミュージシャンはアンダーグラウンドのプロだと思われる。, 現場は唯一音楽を体感できる場所である。ただ家で聴いたり、カラオケで歌ってみたりするのも音楽に変わりはないが一体感を感じることができる楽しみはかけがえのないものである。. 交響曲第5番 ニ短調 作品47は、ドミートリイ・ショスタコーヴィチが作曲した5番目の交響曲である。, 第2番や第3番のような単一楽章形式で声楽を含む新古典風の交響曲や、マーラーの交響曲を意識した巨大で複雑な第4番を経て、第5番では交響曲の伝統的な形式へと回帰した。声楽を含まない純器楽による編成で、4楽章による古典的な構成となっている。ショスタコーヴィチの作品の中でも、特に著名なものの一つである。, 1936年、スターリンの意向を受けたソビエト共産党の機関紙「プラウダ」が、ショスタコーヴィチのオペラ『ムツェンスク郡のマクベス夫人』を「音楽のかわりに荒唐無稽」、バレエ音楽『明るい小川』を「バレエの嘘」と激しく批判する(プラウダ批判)。当時のソ連の社会状況を考えれば、これは単なる芸術作品の批評にとどまることなく、最終的に作曲者のショスタコーヴィチ自身を「体制への反逆者」として貶めることへまでつながっていった。, かつて「モーツァルトの再来」とたたえられたショスタコーヴィチも、この批判によってソ連における基盤は微妙なものとなった。これにより、当時精力的に作曲をしていた交響曲第4番も、作曲者自身の意志で初演を直前に取りやめざるをえない状況になった。またこの時期、スターリンの大粛清によってショスタコーヴィチの友人・親類たちが次々に逮捕・処刑されていった。このような厳しい状況に晒される中、ショスタコーヴィチにとっては次の作品での名誉回復が重要であったことは明らかだったと見られている[1]。その作品の一つが、この交響曲第5番であるとされる。なお、近年の研究では、名誉回復のためというよりも、当時のソ連の不安な社会情勢がこの新しい交響曲を書こうという刺激を与えていたのではないかとの説もある。, 交響曲第5番は、第4番などに見られるような先進的で前衛的な複雑な音楽とは一線を画し、古典的な単純明瞭な構成が特徴となっている。この交響曲第5番は革命20周年という「記念すべき」年に初演され、これは熱烈な歓迎を受けた。ソ連作家同盟議長アレクセイ・トルストイによって「社会主義リアリズム」のもっとも高尚な理想を示す好例[2]として絶賛され、やがて国内外で同様に評価されていったため、交響曲第5番の発表以後徐々に、ショスタコーヴィチは名誉を回復していくこととなる。, この交響曲を通じてショスタコーヴィチが何を表現したかったのかについては、自身のものも含めてさまざまな資料や発言が残されてはいるものの、その真意についてはさまざまな議論がある。このため多種多様な解釈が存在し、またそれは演奏にも大きく反映され、楽観的な演奏から悲劇的なものまで、さまざまな演奏がある。, 日本(および韓国、中国)ではこの作品の副題を「革命」としている場合があるが、ショスタコーヴィチ自身はそのような命名は行っておらず、欧米のコンサートでもベートーヴェンの交響曲第5番における「運命」と同様にこの副題を見ることはない。, ソ連と欧米諸国では、ショスタコーヴィチ自身がモスクワ初演の数日前に発表した『私の創造的回答』という文の中で、この交響曲についての「正当な批判に対する一人のソビエト芸術家の実際的かつ創造的な回答である」というある批評が「私を喜ばせた」と表明したことから、副題はないが「正当な批判に対する、ある芸術家の創造的回答」[3]が非公式な副題のようなものとして浸透し[4][5]、この副題はソ連よりもむしろ西側諸国でより喧伝されたという[6]。, 1937年11月21日 レニングラード(現サンクトペテルブルク)にて。エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮、レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団。初演は大成功で、今日における人気の基礎となっている。, リハーサルでムラヴィンスキーとショスタコーヴィチは初めて顔を合わせたが、ムラヴィンスキーの質問に対して作曲者は何も答えず、双方とも険悪な雰囲気であった。困惑したムラヴィンスキーはわざと無茶苦茶なテンポで曲を演奏し、ショスタコーヴィチに「そうじゃない!」と言わせることに成功した。これ以降、両者の意思伝達が進み、いつしか仲良く協力し合うようになった。リハーサルが進むにつれ評判が上がり、初演時には満員となっていた。, フィナーレの途中から興奮した観客が自然に立ち上がり、終わると猛烈なスタンディングオベーションとなり、, と証言のような騒ぎとなった。かえって体制への抗議活動と見なされることを恐れた関係者の機転で、作曲者は裏口から脱出したが、体制側はこの作品を歓迎し、ソ連作家同盟議長アレクセイ・トルストイの論文で絶賛された。, 初演直後、ショスタコーヴィチ本人は、友人の指揮者ボリス・ハイキンに「フィナーレを長調のフォルテシモにしたからよかった。もし、短調のピアニッシモだったらどうなっていたか。考えただけでも面白いね」と皮肉っぽいコメントを残している。, 古典的な4楽章構成による。ただし第1楽章は通常のアレグロではなく、モデラートと指定されており、緩-急-緩-急ともとれる配置になっている。演奏時間は約45分。, Moderato - Allegro non troppo 4分の4拍子 ソナタ形式 ニ短調, 主題部は第1楽章の第1主題の変形である。トリオは前作と同じマーラー風のレントラーである。全体的には初期の軽妙さがぬけて、古典風にまとまった感のあるスケルツォとなっている。この楽章にも『カルメン』からの引用がある。冒頭の主題も『カルメン』の「ハバネラ」と“トランペットとトロンボーンのファンファーレ”、figure53の『カルメン』の523小節のオーボエの主題など、figure165『カルメン』第1幕9場「Tra la la la la la la la わたしの秘密は自分で守る ちゃんと自分で守るさ」、figure54直後のホルン群が鳴った後のソロなどである[7]。, Largo 緩徐楽章 4分の4拍子 三つの主題の変奏を中心とする[8]形式 嬰ヘ短調, 後述するように通常5部に分かれる弦楽器群が8部に分けられており、金管楽器は登場しない。第1楽章に由来する主題が登場する他、オーボエによって提示される第3主題はマーラーの『大地の歌』を思わせ、その後弦楽がロシア正教のパニヒダをほのめかす[8]など、死と哀悼が暗示される[8]。終始悲痛な響きに満ち、初演時には聴衆がすすり泣いていたといわれている[9]。3日間でこの部分は完成されたとされる。, Allegro non troppo 4分の4拍子 特殊な構成(三部形式に近い) ニ短調 - ニ長調, 冒頭、木管楽器のトリルとティンパニのトレモロを主体にしたクレッシェンドに続き、ティンパニの叩く行進曲調のリズムの上で金管楽器が印象的な主題を奏する。テンポが頻繁に変化する強奏部分に続き、弱音主体の瞑想的な展開が行われる。ハープの印象的な動きから主調に回帰し、小太鼓のリズムに乗って弱音で冒頭主題が回想される。この主題と弱音部に現れた動機を用いながら徐々に膨れ上がっていき、シンバルやトライアングル、スネア、ティンパニなど各種打楽器も加わり、ニ長調に転じた後、ティンパニとバスドラムが叩くリズムの上で全楽器がニ音を強奏して終結する。, しばしば、この楽章をどのように解釈するかが演奏上の問題となる(第4楽章のテンポを参照)。この楽章の冒頭にも『カルメン』から「ジプシーの歌」の引用をはじめとしてfigure14、523小節には「ハバネラ」と“トランペットとトロンボーンのファンファーレ”、figure119にはセギディーリャ(3拍子のスペイン舞踊)とデュエットの引用がある。「これは非常に多くの異なった心理的なレベルで音楽の作品を作るショスタコーヴィチの才覚を明らかにする。」[7], また、直前に作曲された『A・プーシキンの詩による四つの歌曲』の第1曲「復活」の引用が見られる。虐げられた芸術の真価が時と共に蘇るという詩の内容は、そのままスターリン圧政下の作曲者に二重写しとなる。冒頭のはじめの4音に A-D-E-F というこの歌曲の最初の4節冒頭の音を置いてこの詩を暗示し、コーダ近くのハープをともなう旋律は「かくて苦しみぬいた私の魂から 数々の迷いが消えて行き はじめのころの清らかな日々の幻想が 心の内に湧き上がる」(小林久枝訳)の伴奏部の引用である。「おそらく作曲家は、このシンフォニーによって彼の立場を回復することが失敗した場合に、自分の秘密の信号がいつか将来的に解読されることを望んだ。」[7], 第4楽章のコーダの部分、練習番号131番(324小節)からの指定テンポについて、版によって指示が大きく異なっている。, 印刷楽譜の初版(モスクワ・レニングラード、1939年)は、「四分音符=188」という速いテンポ(メトロノーム記号)が記載されていた[10]。ソ連の国家音楽出版社Muzgizは1947年にスコア再版を出版したが、これには「八分音符=184」(「四分音符=92」)と指定しており、「初版の印刷譜の速度指定は校正ミスである」と明示していた[7]。西側の楽譜ではオイレンブルク版(1961年)がこれによって「八分音符=184」としていた[11]。しかし、ショスタコーヴィチ全集3巻(モスクワ、1980年)の編集者はこの1947年版を考慮せず、初版の速度指定を踏襲した[7]。シコルスキー版、ブージー版など西側で流布しているスコアの多くは1947年の再版を参考とせず、初版によって「四分音符=188」としている[7]。, 作曲者の息子で指揮者のマクシム・ショスタコーヴィチは「リハーサルナンバー131、『八分音符=184』:これは多くのスコアがそうであるように、『四分音符=184』ではない。」とスコア再版の指示が正しい、と語っている[12] 。またマイケル・スタインバーグは、「八分音符=184」(4分音符=92)を「四分音符=184」とする根拠はないと指摘していた[13]。しかし作曲者の自筆譜が失われてしまっていたことや、出版された楽譜をよりどころにするほかなかった西側の指揮者の演奏は、バーンスタインなどのようにコーダを速いテンポで演奏している例が多かった[11]。マイケル・スタインバーグは、「巨匠といわれる指揮者の大部分は」これらの間の(テンポ)で全くランダムに指揮しているようだ。 」と指摘していた[14]。, 1998年になって音楽評論家の金子建志が、ムラヴィンスキーが初演の際に用いていた手書き譜を研究した結果を発表した。これはショスタコーヴィチの自筆譜を写譜師が浄書したもので[15]、自筆譜が失われている今、この浄書譜の資料的価値は非常に高いと考えられる[16]。ムラヴィンスキーは残した録音などでも、初演直後から晩年まで第4楽章のコーダを再版スコアの指示に近いテンポで演奏しているのだが、この浄書譜は当該部分の指定テンポとして「四分音符=88」と書かれており[11]、ムラヴィンスキーの解釈が「作曲者の指定」であった可能性が高いことが裏付けられた。, なお、金子は多くの印刷楽譜の「四分音符=188」というテンポについて、そもそも機械式メトロノームに188という数字が無いことから、 =88を誤植した可能性が高いとしている[17]。このようなメトロノーム記号の誤植と思われる例は、交響曲第10番第2楽章にも存在する[18]。, 第4楽章冒頭のテンポは「四分音符=88」となっている、コーダのテンポの解釈と合わせるためなどから、この箇所のテンポ設定について様々な意見の混乱があった。ムラヴィンスキーが初演に用いた上記の浄書譜にも第4楽章冒頭に「四分音符=88」と書かれてあり、これについて金子建志は「この数字は、筆者の知る限り、全ての出版譜に共通しているので、資料的な問題はない」と述べている[11]。ただし、ムラヴィンスキー本人は初演直後の1938年の録音では四分音符=88に近いテンポで演奏しているものの、後にはこの冒頭部分をかなり速いテンポで演奏するようになり[11]、この解釈は他の指揮者にも影響を与えた。これに対し、冒頭部分を楽譜の指示通りのゆっくりしたテンポで演奏している例としては、インバル盤などがある[11]。, なお、ムラヴィンスキーが用いた浄書譜では、元々メトロノームの数字が書かれていたのは第4楽章の冒頭とコーダのみ[19]で、その他のメトロノームの数字は後から青インクまたは青鉛筆で書き加えられており、これらはムラヴィンスキーとショスタコーヴィチが初演に向けてのリハーサルにおいて議論していった結果書き加えられた数字であると考えられ[20][16]、これらの数字は印刷譜に採用された。ムラヴィンスキーは初演に際し、「テンポの記載ないスコアを渡されたが、テンポはすぐに確定され、そのスコアに記載され、印刷スコアにも反映されたが、今録音された演奏を印刷スコアでチェックすると、多くの演奏で、交響曲第5番のスコアのメトロノーム記号が間違ってきていることがわかる。それにこの交響曲それ自体は長い間に、初演時に書き入れたものと本質的に変容し違うテンポのものとなっている。」と述べ、「ちなみに、スコアのこれらの誤ったテンポの記載は、まさにトスカニーニが望んでいた交響曲第5番の演奏を拒むためであったと推察する。明らかに、彼は、それらのテンポの記載に同意しないが、同時に、それらを正式なものと思い、あえてはずさないからである。」と語っていた[21]。, 第1番 - 第2番『十月革命に捧ぐ』 - 第3番『メーデー』 - 第4番 - 第5番 - 第6番 - 第7番 - 第8番 - 第9番 - 第10番 - 第11番『1905年』 - 第12番『1917年』 - 第13番 - 第14番 - 第15番, деловой творческий ответ советского художника на справедливую критику, a constructive creative answer of a Soviet artist to just criticism, エリザベス・ウイルソン『Shostakovich A LIFE Remembered』2006年、, Meier (クシシュトフ・メイエル)『ショスタコーヴィチ その生涯 作品 時代』原著ベルリン1995年、ロシア語訳1998年 206-207ページ, 金子建志「ムラヴィンスキー直筆譜でわかったショスタコーヴィチ交響曲第五番、演奏の秘密-, Michael Steinberg「The Symphony : A Listener's Guide: A Listener's Guide」Oxford University Press, 1995 p546~549, Kozintsev's Shakespeare Films: Russian Political Protest in Hamlet and King Lear, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=交響曲第5番_(ショスタコーヴィチ)&oldid=78308181.

丸太 椅子 屋外 4, 泣かないと決めた日 ドラマ 無料 16, 4チーム 総当たり 2コート 5, 龍ヶ崎市駅 バス 時刻表 4, デジモンアドベンチャー 4話 感想 7, ネット の動画を保存する方法 Android 56, アーマーガア ミラーアーマー 遺伝 6, 書評 例 800字 6, 鬼滅の刃 作者 女 18, 上 白石 萌 音 絵 9, Outlook 会議 Teams会議に変更 43, 坂口憲二 コーヒー 四谷 40, ダウン トン アビー シーズン4 感想 12, サンテレビ 映ら なくなっ た 大阪 20, サッカーボール 構造 自由研究 16, ボウリング サムレス 禁止 37, Nec Pc Te508haw 初期化 21, ジロジロ有吉 放送日 北海道 4, Gu サンダル 新作 4, ラストキス 兼近 無料視聴 5, 住友林業 値引き 2019 38, 甲状腺がん ブログ 隈病院 24, Tomix 225系100番台 入線 22, パールル 進化 オメガルビー 18, カラス 日本 固有種 10, バイオレット フィズ 昔 16, Sidem ドラマオンステージ 投票 13, とある 宗教に母が ネタバレ 6, つば九郎 つば み 蹴る 51, N700s ロゴ ダサい 14, プラトニック 堂本剛 インタビュー 5, コストコ ティラピア 栄養 12, レモンだ 貴様 この野郎 梶井基次郎 6, 湊かなえ 母性 ドラマ 13, カイジ 利根川 その後 4, 山口百恵 三浦友和 電話 9, 悠木碧 さんま 再会 7, You タレント 生い立ち 29, ポケモンxy ミュウ 入手方法 4, ヒロアカ 荼毘 ネタバレ 16, 宝塚 Dvd 中古 4, 山口百恵 三浦友和 電話 9, どんぐり お好み焼き テイクアウト 7,

Compartilhar: