「お前は理屈っぽい」 (3)物の正しい事。真面目な事。 第5版までは、「―児」という用例がありましたが、第6版で削除されています。  日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 (5)「六」の大事 ただ単に、あて字のようなものなのでしょうか?  自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む, 私は、安倍総理が嫌いです。 これも上記と同様です。「お前の考え方は正しい」ということですね。 ・夜飯のおごり たとえば、負けた方が勝った方の好きなところを10個耳もとでささやくとか、あえて人通りの多いところで立ち止まり見つめあって「愛してる」と言うとか。 私も未熟なところがあり、つい、かっ~となってしまい、夫は反省するどころか自分を正当化するため、いつも口論になります。でも、6年間見てきて、この人には、言っても無駄だと、ようやく悟りました。これからは、無駄なエネルギーは使わないように、怒りを抑えて、平常心で暮らせるように、修行の場だと思い、試練を乗り越えよう...続きを読む, >今、現在、職場や地域で、どうしようもない愚かな人間がいる方、どんな風に自分の中で消化して、対処されてますか?教えてください。 ですから、ちょっと使えないような総理大臣が頻出したりもします。 リコーダーを始めるに当たって、アルトを選択し、しかもバロック式で始められたというのは最良の選択だと思います。がんばってくださいね!, 変な質問ですみません。 」, 内田魯庵「三十年前の島田沼南 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。. 「やめてくれ-!」といったら「この匂いかげるうちはまだ幸せ者やわ!!生理なくなったらどれだけ悲しいか・・・(TT)この匂い嗅げなくなるんやで!」と私が生理になる度に小言言いますわ・・・(^^;) リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか? なんで、あの人が総理なんですか?意味わかりません。なんで、国民に総理を決める権利はないのですか?国民の意見を聞け!って感じです。私は、まだ選挙権がありません。ニュースでやってることしか見たことはないけど、国会の様子とか見てて馬鹿馬鹿しいです。国会であーだこーだもめて、もっと今、考えるべきことを考えてほしいです。例えば、子供の虐待とか、熊本の震災のこと、少子高齢社会のこととか。今の国会にやることは山ほどあると私は思います。なのに、どーでもいいことで...続きを読む, 安倍総理など、いろいろな総理が出てきましたが、それは誰かおっしゃられているように、民主主義的なルールに則って決められています。 今、現在、職場や地域で、どうしようもない愚かな人間がいる方、どんな風に自分の中で消化して、対処されてますか?教えてください。 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です), ・左派、革新、社会主義 小学3~4年生レベルです。松川さんの言った10歳児よりも1~2才程度低いですね。, 「説明」といっても、、、 昔は女性に権力が無かった時代背景があったとはいえ、亭主関白で女は夫に従い、夫は家を守るが普通でした。いわゆる男尊女卑の時代です。それでは不公平だと「男女平等」と女性が開発した言葉が生まれ、今では権力が暴走して女尊断碑(低 ただし、「無能」 という言葉になると、場合によっては使用しても差し支えない用語ではあるまいか、という気はいたします。, 「理屈」の意味について。よく「お前は理屈っぽい」「お前の理屈は正しい」「その理屈でいくと、こういうことになるよな」「理屈で物を語るな」・・・とか聞くんですけど、上記の使用例だけで結構ですので、理屈ってわかりやすく説明するとどういう意味なんですか? お前 前から発達障害と疑わしい「低能先生の弟子・低脳ネットサイコパスニートストーカーイラネ」だろ 空気読めないどころか いつも同じ迷惑書き込みばかりするバカは書き込むなよ お前 前から発達障害と疑わしい「低能先生の弟子・低脳ネットサイコパスニートストーカーイラネ」だろ 空 平気でデモをけなしたり、マスコミを無くせとか吠える「民主主義国家の国民」と言うのもなかなか無いですよ。 何故そんなことをしたのでしょうか?  と、そういう質問です。 元増田もトラバの連中も落ち着いて考えてほしいんだが、 「低能先生」が確固とした一個人だって保証はどこにもねえんだぜ? 適当な罵倒をちらして「低能」で〆れば低能先生のいっち... それな 安心して叩ける材料を調達してくる隊長がいなくなったから失望してるんだろうな. 低能先生から噛み付いてきて(低能、死ねなど)、それに対して反撃したら「いじめ」「ネットリンチ」って都合良すぎでしょ。 「HagexやKyoumoeの行動がいかに不当か」ということを順を... はてなでは死ねは挨拶みたいなもんでは? 死ねばいいのにとかいうタグカジュアルに使われてるし、きょうもえが死ね連呼しても誰も咎める様子もないしな. 世間の同意を得られそうもない憲法改正はひとまず置いて、自分達だけでやれる解釈改憲を先にしたく、その理由をチクチクと説明した… と。 」, gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。, 有島武郎「宣言一つ >「お前の理屈は正しい」 今も進化の途上にある人類は、ともすれば自分たちを、狩猟採集時代、農耕時代、産業革命、科学革命、IT革命を経つつ、ますます “知的”に、より “賢く” なってきていると思いがちである。, 以下に展開するわたしの説は、「人類は今、“第2次低脳化” の過程に入っている。人類は “総体” としては今リアルタイムで  “より低脳化しつつある”」 というものである。, わざわざ “第2次” と言っている点にもう気がつかれたであろう。そうである。 “第1次”低脳化 がすでに過去にあったのである。, この part 1 では、まずこの過去の “人類の第1次低脳化” について解説していきたい。, 実は 「人類の低脳化」 についての指摘は10年以上前から出てきている。それらはほとんどが、人類が 農耕生活 に移行した頃に起きたというものである。, 過去20万年間の人類の化石の検証によって判明した興味深い一つの考古学的事実がある。, この化石の調査はヨーロッパ、アフリカ、アジアで発見された人類の骨と頭蓋骨の大きさと構造に重点を置いたものであった。この研究チームの発見によると、最大のホモサピエンス が生きていたのは、今から2万年から3万年前であり、その種族の体重は176 から188 ポンド(79.83kg から85.28kg)のあいだで、脳の容積は 1,500 cc であった。, さらにこの研究チームは、およそ1万年ほど前に人類の体格と脳の大きさが小さくなり始めた ことを突き止めた。, 翻って、2000年から2010年の10年間における人類の体重は 154から176ポンド(69.85kg から79.83kg)、脳の容積は 1,350cc である。2万年から3万年前の最大級の人類の脳の 1,500ccと比べると、およそ10%の減少なので、およそテニスボール1個分が失われたと言える。, 20万年近くほぼ変わらなかった“ビッグサイズ”の人類が 急に“小型化” した  のはなぜなのか?研究者たちは、およそ 9,000年前に始まった、狩猟採集生活から 農耕生活への移行 に関係があるとみている。, 農耕生活への移行によって、食料の豊富な収穫が確保できるようになった一方で、栽培植物が非常に限定されていたために ビタミンやミネラルの慢性的な欠乏症 を引き起こし、それが人体の成長を妨げた可能性がある。中国の最初期の農民は米のような穀物を食べていたが、それらは成長に欠かせないビタミンBナイアシンを含有していない。, ミズーリ大学心理学教授のデビッド・ギアリーのチームは人類の190万年前から1万年前までの頭蓋骨の進化を調査した。ギアリー達によれば、その190万年近くの長い間にわれわれの祖先の社会的環境はますます複雑化してきた。ギアリー達は社会環境の複雑性の指標として 人口密度 を用いる。彼らの仮説によれば、人口密度が高くなり、より多くの人間がより近くに暮らすようになればなるほど、集団間の交流が多くなり、分業が進み、富が増え、人々の間でのさまざまなやりとりが増大する。, https://phys.org/news/2009-06-competition-bigger-brain.html, ギアリーのチームは、人口密度が高くなるにつれて脳の大きさが減少する ことを発見した。社会が複雑化するにつれて脳のサイズが小さくなったのは、人間が、個体間と集団間で協力しあうことによって、一人一人は以前ほど賢くなくても生存できるようになったせいかもしれない。, しかし、デューク大学人類学科のブライアン・ヘア助教授は、この脳のダウンサイジングは現生人類が祖先よりも馬鹿になったということを意味しないと言う。ヘア助教授は、野生動物の家畜化における脳の縮小化 についてこう語る。, 「ハスキー犬はたしかにオオカミよりも脳が小さいかもしれないが、オオカミよりも賢く、より洗練されている。ハスキー犬は人間とのコミュニケーションにおいて理解力を示し、人間の子供のように振る舞う」 と。, しかし、わたしはこの説に異論を唱えたい。牛でも、羊でも、ブタでも、ヤギでも、馬でも、そして犬でも猫でも、家畜化した動物は一般的に脳が縮小し、“低脳化”していることは否定しがたい。, いちばんの理由は、家畜化された動物は人間に保護されることによって、他の肉食獣(オオカミ、トラ、ライオン、クマなど)によって襲われて食べられる危険が劇的に低下したために、警戒心が不要になり、脳の負担が大きく軽減したため と考えられる。, 野生状態では、より脳が大きい警戒心の強い賢い個体ほど、より多くの子孫を残していたはずだ。ボンヤリしていた賢くない個体ほど肉食獣の餌食になっていたはずだ。しかし、家畜化されると、賢くない脳天気な個体も同じくらいに子孫を残す。, 実際、人間の裏をかいて逃げようとしたり、家畜化に抵抗する扱いにくい牛や馬や羊などはみな飼い主に殺されてきたのが家畜の歴史である。人間が特に知能の高い個体を淘汰(排除)することによって、家畜の “低脳化” を加速してきたのである。, “不要な能力” が淘汰されることには何の不思議もないと言えよう。牛や豚に高い知能を求める理由はないのだ。, 家畜化されれば、賢い個体も、賢くない個体も平等に同じだけエサにありつける。そうなると、脳が大きくて賢いことには何のメリットもなくなる。そうすると必然的に脳という器官の重要性が一挙に低下する。そうして、“重要性の低い部署への予算の削減” の結果、脳のダウンサイジングが進むのだ。, チワワやトイプードルは、 “食われる心配” も “食う心配” もない ので、人間様の相手という芸当をする余裕があるのだ。もし過酷な大自然に放り出されたら、その小さな脳では、自分で獲物を獲ることもできずに飢え死にする前に、肉食獣の餌食になるであろう。, そもそも 脳は過酷な自然界における生存の為の器官である。家畜のように生存が保証された環境では退化しないほうがむしろおかしい(不自然な)のだ。多少人間の相手ができることが知能の高いことではないのである。, 人間に戻して言うと、人間は “家畜化” されたために脳が縮小化した と言えるかもしれない。家畜となった草食動物たちは所有者のおかげで、もはや “食べる心配” がない。そして、大型の肉食動物に追い回され、襲われて “食べられる心配” もない。, 人間も同じである。かつて人間を襲っていた大型肉食獣は、弓矢や槍といった飛び道具を集団で使いだした人間から逃げるようになり、形勢が逆転した。人間は農耕生活に移行したために定期的な安定した収穫により “食べる心配” が劇的に少なくなった。, 狩猟採集時代は家族や部族のメンバーは、食糧の供給、危険の回避といった生存の為の知識や技能を全員が身に付けなければならなかった。しかし、農耕時代に入ると、まず食料の供給が安定した。農耕は基本的には単純な作業の繰り返しなので、頭を集中的に使わなければならない切迫した状況に直面する場面がずっと少なくなった。, 狩猟採集時代は、石器の作り方、弓矢の使い方、獣の習性や追い方や避け方、食べられる植物や木の実の見分け方、薬草の見つけ方や使い方、生活圏についての地理や植物相、動物相についての知識などなどの大自然でのサバイバルのためのありとあらゆる知識をひとり一人が身につけなくてはならなかった。狩猟採集民は一人一人がオールラウンドな “サバイバリスト” でなければならなかった。, 一人ひとりが“トライアスロンの選手”だったのだ。身体的にも頭脳的にも、持てるキャパシティをフル回転する場面は珍しくなく、そうした臨機応変な能力が一人ひとりに求められた。, しかし、農耕生活に徐々に移行するにつれて、そうしたライフスタイルは根底から変わってしまった。“農耕”はまさに “ゲームチェンジャー” であった。農耕生活は “野球” のようなものである。, 基本的には栽培植物の成長サイクルに従った集団的なルーティーン活動である。農業はたしかに家族単位でもできるが、穀物栽培は大きな集団でおこなうことによって大きな収穫が得られる食料供給方法である。, 農耕民は “野球選手” のように、ただ “監督”  の言う通りに動いていればいいのだ。農業は季節のサイクルに支配された事業である。そのサイクルを理解し、穀物に詳しいごく一部の人間が集団に指示して動かせば、すべてはうまくいくいのだ。, 野球と同じである。重要なのは “優れた監督” と “選手たちのチームワーク” なのだ。, 野球チームの選手全員が試合に勝つための作戦に頭を悩ませる必要はない。監督の手足となって、ただ指示に従っていればいいのだ。, そうして、個人プレー(生物個体としての能力) よりも チームワーク(集団としての能力) が重要になってきた。, 農村ではごく一部の人間以外は、自分の身体や頭脳のキャパシティを最大限に使う場面はほとんどなく、長老やリーダーの言う通りに動いていれば穀物倉は自然にいっぱいになり、人口も増え、分業も進み、階級も発生した。, 頭脳を使うのは “監督” であり、“大多数のメンバー” は “監督の手足” となって動けばいいだけであれば、全体としての人類の “低脳化” は必然であった。こうして “人類の第1次低脳化” が進行した。これは、人類のその脳の活動の負担が軽減化されていくプロセスであった。, もちろん一部の人間は常に他の大多数のメンバーよりも脳を活動させており、こうした差、分業は、階級分化につながった。つまり、人間社会が “頭” と “身体” に分化、分業化したのである。 動物社会ではこうした分業化は人間以外ではほとんど見られないが、ミツバチ、シロアリといった “社会性昆虫” ではごく普通に見られる。, 穀物主体の食糧供給体制によって、飢えるリスクは大幅に減り、人口も増えたが、構造的で慢性的な人類の栄養失調の時代が始まり、発育不全や病気のため身体も小柄になった。人口密度の高い集団生活によって、疫病が繰り返し発生した。農耕によって食糧の貯えができ、飢えのリスクから解放されることによって、脳に対する “淘汰圧” が低下し、人間の一人ひとりの “生物学的な脳” という器官は退化した。そして、“社会性動物” として、“チームワーク” を強みとしてきたのである。, 進化における何の不思議もない “微調整のプロセス” である。“設備投資の合理化” の結果である。, 地上や海中で十分にエサを得られる鳥が次第に翼を退化させていったのと同じである。ダチョウ、キウイ、ヒクイドリ、ヤンバルクイナ、ペンギン等々40種にものぼる鳥たちが飛翔能力を失ったが、「飛べなくなった」 というよりは、「飛ぶ必要がなくなった」 のである。, こうした現象を、わたしは “局部的退化現象” と呼ぶ。全体としてはよりよく適応して進化していても、システム内で局部的な後退、退化を含む場合はめずらしくない。深海魚や体内寄生虫にほとんど目がないのも、地中生活をするモグラ、ミミズに視力がほとんどないのも 実に合理的な “局部的退化現象” である。, ヘビが足を失ったのも、ティラノサウルスの前足が極端に萎縮していたのも “設備投資の合理化” の結果としての “局部的退化現象” である。“企業内での限られた予算の再配分” における “不要な部署への予算の削減” の結果 と言えばわかりやすいだろうか。, 実は、人間は、 “個体” としては、この “局部的退化現象” のデパート のような存在なのである。脳の退化は単にそうした “設備投資の合理化” の一端にすぎないのだ。, 脳や知的能力に限らず、人間のほとんどの感覚 (嗅覚、味覚、視覚、聴覚) も過去数千年の間にかなり退化していると思われる。, おそらくかつての人類は、いわゆる “第六感” と言われるような、今日では超自然的と見なされるような感覚も具えていたに違いない。, さらに言えば、さまざまな運動能力や体力全般 (握力、腕力、脚力、背筋力、跳躍力、持久力、敏捷性、咀嚼力(噛む力)) なども現代に下ってくるにつれて明らかに下回ってきている。, ご注意頂きたいが、これはあくまでもそれぞれの時代の人間の想定される平均値を問題にしている。現代のオリンピック選手と新石器時代の平均的人間を比べて反論しても意味が無い。いつの時代にも一部の能力に突出している人間はいる。, このように人間は、 “個体” としての “生物学的な身体的、知的能力” は相当に退化して貧弱、脆弱になってきている。にもかかわらず、“社会集団” としては、より環境に適応してきて、この地球上では かなり成功した “社会性生物” なのである。, この惑星で同様に繁栄している社会性生物としては、“社会性昆虫” のシロアリがいる。一匹一匹のシロアリは実にひ弱で取るに足らない生き物である。, 彼らの強みは、 “集団” としての “チームワーク” であり、 “システム的適応能力” である。, 「シロアリはとても弱い生き物です。目は見えず、餌は匂いのみで見つけます。体の表面もやわらかく、他の生物に触れられただけでもすぐ死んでしまったり、太陽の光を浴びればたちまち干上がってしまいます。そのため、移動する際は他の天敵から身を守るために、蟻道(ぎどう)という木・木片などで作ったトンネルを利用します。」http://www.shiroarikujo.jp/ecology/, まるで今日の人間のようではないか。或る意味で 現代の人類は “シロアリ化した霊長類” と言えるかもしれない。体毛のほとんどない人間の無防備な裸体は、シロアリの柔らかくて傷つきやすい体を思わせる。, 人間の “個体” としてのその最盛期は農耕生活に入る前であった とはっきり言えるだろう。, 「人間は “低脳化” してしまった」 と嘆くより、「“低脳化” しても集団としてしたたかに生きていけるようになった」 としてむしろ喜ぶべきなのかもしれない。“チームワークに長けた集団” としての進化と繁栄においては、“個体” としての身体的、知的な能力はさほど要求されなくなってきたとも言える。少なくとも進化論的には決して不合理な展開ではない。, しかし、代わりに “社会的な脳” が形をとってきた。つまり、“支配階級” の発生である。“人間”と“家畜”の関係  が “支配階級”と“隷属階級”の関係 に反映成されてきたのである。, ちなみに、「定住= 農耕」 ではない点にご注意いただきたい。農耕以前に定住生活がすでに存在していたことは、わが日本列島の1万2千年以上続いた 縄文文化 をはじめ、海外のいくつもの住居跡の考古学的な発見と調査によっても明らかになっている。, 「野球チーム全員が試合に勝つための作戦に頭を悩ます必要はない。監督の手足となって、ただ指示に従っていればいいのだ。」 と上に述べた。そして、こうした “頭” と “手足” の分業体制は農業革命、産業革命、情報革命を経て今日に至るまで続いている。, 今日のいわゆるサラリーマンが、もちろん監督などではなく、その他大勢の “手足となる野球選手” であろうことは誰にでも想像がつく。しかし、大会社の社長ですらそうした “選手” なのである。グローバル経済にあって、“監督たち” は文字通り “ひと握り” である。しかし、その “監督たち” はもはや人間ではないのだ。, 「人類は今、“第2次低脳化” の過程に入っている。人類は “総体” としては今リアルタイムで  “, 実は 「人類の低脳化」 についての指摘は10年以上前から出てきている。それらはほとんどが、人類が, この化石の調査はヨーロッパ、アフリカ、アジアで発見された人類の骨と頭蓋骨の大きさと構造に重点を置いたものであった。この研究チームの発見によると、, 翻って、2000年から2010年の10年間における人類の体重は 154から176ポンド(69.85kg から79.83kg)、脳の容積は 1,350cc である。2万年から3万年前の最大級の人類の脳の 1,500ccと比べると、, 農耕生活への移行によって、食料の豊富な収穫が確保できるようになった一方で、栽培植物が非常に限定されていたために, ミズーリ大学心理学教授のデビッド・ギアリーのチームは人類の190万年前から1万年前までの頭蓋骨の進化を調査した。ギアリー達によれば、その190万年近くの長い間にわれわれの祖先の社会的環境はますます複雑化してきた。ギアリー達は社会環境の複雑性の指標として, 人口密度が高くなり、より多くの人間がより近くに暮らすようになればなるほど、集団間の交流が多くなり、分業が進み、富が増え、人々の間でのさまざまなやりとりが増大する。, 協力しあうことによって、一人一人は以前ほど賢くなくても生存できるようになったせいかもしれない。, しかし、デューク大学人類学科のブライアン・ヘア助教授は、この脳のダウンサイジングは現生人類が祖先よりも馬鹿になったということを意味しないと言う。ヘア助教授は、, しかし、わたしはこの説に異論を唱えたい。牛でも、羊でも、ブタでも、ヤギでも、馬でも、そして犬でも猫でも、, いちばんの理由は、家畜化された動物は人間に保護されることによって、他の肉食獣(オオカミ、トラ、ライオン、クマなど)によって襲われて食べられる危険が劇的に低下したために、, 実際、人間の裏をかいて逃げようとしたり、家畜化に抵抗する扱いにくい牛や馬や羊などはみな飼い主に殺されてきたのが家畜の歴史である。, 人間が特に知能の高い個体を淘汰(排除)することによって、家畜の “低脳化” を加速してきたのである。, 人間様の相手という芸当をする余裕があるのだ。もし過酷な大自然に放り出されたら、その小さな脳では、自分で獲物を獲ることもできずに飢え死にする前に、肉食獣の餌食になるであろう。, 脳は過酷な自然界における生存の為の器官である。家畜のように生存が保証された環境では退化しないほうがむしろおかしい(不自然な)のだ。, 人間も同じである。かつて人間を襲っていた大型肉食獣は、弓矢や槍といった飛び道具を集団で使いだした人間から逃げるようになり、形勢が逆転した。, 人間は農耕生活に移行したために定期的な安定した収穫により “食べる心配” が劇的に少なくなった。, 狩猟採集時代は家族や部族のメンバーは、食糧の供給、危険の回避といった生存の為の知識や技能を全員が身に付けなければならなかった。しかし、農耕時代に入ると、まず食料の供給が安定した。, 農耕は基本的には単純な作業の繰り返しなので、頭を集中的に使わなければならない切迫した状況に直面する場面がずっと少なくなった。, 狩猟採集時代は、石器の作り方、弓矢の使い方、獣の習性や追い方や避け方、食べられる植物や木の実の見分け方、薬草の見つけ方や使い方、生活圏についての地理や植物相、動物相についての知識などなどの大自然でのサバイバルのためのありとあらゆる知識をひとり一人が身につけなくてはならなかった。, 狩猟採集民は一人一人がオールラウンドな “サバイバリスト” でなければならなかった。, しかし、農耕生活に徐々に移行するにつれて、そうしたライフスタイルは根底から変わってしまった。“農耕”はまさに, 農耕民は “野球選手” のように、ただ “監督”  の言う通りに動いていればいいのだ。, 頭脳を使うのは “監督” であり、“大多数のメンバー” は “監督の手足” となって動けばいいだけであれば、全体としての人類の “低脳化” は必然であった。, もちろん一部の人間は常に他の大多数のメンバーよりも脳を活動させており、こうした差、分業は、階級分化につながった。, 穀物主体の食糧供給体制によって、飢えるリスクは大幅に減り、人口も増えたが、構造的で慢性的な人類の栄養失調の時代が始まり、発育不全や病気のため身体も小柄になった。人口密度の高い集団生活によって、疫病が繰り返し発生した。農耕によって食糧の貯えができ、飢えのリスクから解放されることによって、, 脳に対する “淘汰圧” が低下し、人間の一人ひとりの “生物学的な脳” という器官は退化した。そして、“社会性動物” として、“チームワーク” を強みとしてきたのである。, 地上や海中で十分にエサを得られる鳥が次第に翼を退化させていったのと同じである。ダチョウ、キウイ、ヒクイドリ、ヤンバルクイナ、ペンギン等々40種にものぼる鳥たちが飛翔能力を失ったが、, ヘビが足を失ったのも、ティラノサウルスの前足が極端に萎縮していたのも “設備投資の合理化” の結果としての “局部的退化現象” である。“企業内での限られた予算の再配分” における, さまざまな運動能力や体力全般 (握力、腕力、脚力、背筋力、跳躍力、持久力、敏捷性、咀嚼力(噛む力)) なども現代に下ってくるにつれて明らかに下回ってきている。, 人間は、 “個体” としての “生物学的な身体的、知的能力” は相当に退化して貧弱、脆弱になってきている。, 「シロアリはとても弱い生き物です。目は見えず、餌は匂いのみで見つけます。体の表面もやわらかく、他の生物に触れられただけでもすぐ死んでしまったり、太陽の光を浴びればたちまち干上がってしまいます。そのため、移動する際は他の天敵から身を守るために、蟻道(ぎどう)という木・木片などで作ったトンネルを利用します。」, 「人間は “低脳化” してしまった」 と嘆くより、「“低脳化” しても集団としてしたたかに生きていけるようになった」 としてむしろ喜ぶべきなのかもしれない, 。“チームワークに長けた集団” としての進化と繁栄においては、“個体” としての身体的、知的な能力はさほど要求されなくなってきたとも言える。, ちなみに、「定住= 農耕」 ではない点にご注意いただきたい。農耕以前に定住生活がすでに存在していたことは、わが日本列島の1万2千年以上続いた, “頭” と “手足” の分業体制は農業革命、産業革命、情報革命を経て今日に至るまで続いている。, 今日のいわゆるサラリーマンが、もちろん監督などではなく、その他大勢の “手足となる野球選手” であろうことは誰にでも想像がつく。しかし、大会社の社長ですらそうした “選手” なのである。グローバル経済にあって、“監督たち” は文字通り “ひと握り” である。しかし、, 書評: 「三体」 “現代中国最大の衝撃作” !?  星2つ ★★☆☆☆ 2020.10. Ark 樹液 バルゲロ 12, Tobu Hope Ncs Release Youtube 10, Ps4 ドラクエ3 会心の一撃 9, 地 が 二つ 入る四字熟語 8, ピリジン 塩酸塩 反応 5, サガフロンティア キャラ 画像 13, 府民共済 火災保険 割戻金 20, ファンキル タガタメ 最強 47, 英語 アフタースクール 渋谷区 4, 姫路聖マリア病院 駐 車場 料金 21, 後頭部 ぞわぞわ スピリチュアル 25, ドミニオン 呪い なくなる 5, 荒野行動 マセラティ 色 7, ピノ Cm みなみ 29, スーパー戦隊 歴代 モチーフ 4, Nhk 渡辺恒雄 平成 37, ポケモン タイプ:ワイルド 復活 10, 結婚式 エンドロール フォント 30, Toto 配当金 平均 10, いちごホテルリート投資法人 みん かぶ 5, 日産 モデルチェンジ しない 7, I See 歌割り 6, 朝 イチ 近江アナ 衣装 今日 5, 米津玄師 名言 恋愛 9, 有田pおもてなす プラスマイナス 動画 13, どうぶつの森 ブーケ Amiibo 4, " />

英語 子供向け 番組

でもラブラブカップルっぽい、ハニカミプランみたいなものとかいいかもしれませんね。 低脳 低能 どっち July 26, 2020. 低能(ていのう)とは。意味や解説、類語。[名・形動]知能の発達が遅れていること。また、そのさま。 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行って … (11/16更新). この思いが勝っているのが日本です。 ソ … ●   ●●● ●●● ○ 日本の民主主義はまだまだ世界に遅れてさらに未完成なんです。  X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)  簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。 結局いけてるものはないですが、まーなにかの参考になれば。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 私も努力はしてみていますが、こんな小さな掲示板でもこの始末ですからね(汗) 「ろくなやつ」のろくは陸です。  各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。 質問者様の御主人が、貴女にとってどういった位置付けになるのか分かりませんが、先にも述べた通り人間の本質はそう簡単には変わらない、依って接する貴女の方がより自分にとって精神的なマイナスの少ない対応をなさるのが得策であると思われますが、如何でしょうか?, >今、現在、職場や地域で、どうしようもない愚かな人間がいる方、どんな風に自分の中で消化して、対処されてますか?教えてください。 」, 検索ランキング 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 問題が、安倍晋三主導による憲法解釈の変更である点が大きいんでしょう。以前の解釈が定石化していただけに、安倍晋三の低能的な実直さがますます彼をバカに見せてますよね。 :その理屈:(たとえば「(谷垣代表の)”考え方”」  でいくと民主党の考えは全部悪いということになりますよね。 学校にしろ今回にしろケアが必要に感じる。 「排除」された側をどうケアするか、排除された先のケアが本来必要だと思う。 「いきなり罵倒するのは良くないですよ」と言ってきた人が... と言っても大多数の人にとってははてなで排除されたところで一時的に不愉快だと思うことはあっても「だから何?」って話でしかなくて しれっと他のサービス利用したりして何事もな... 殺人は自分勝手に他人を扱う最低の行為だろ? 他者への敬意が最も軽視された行為じゃないか。 いじめられることは人を殺すことの理由にならない。 殺さないと言う選択肢はなかった... ネットであろうと現実であろうと、"他人に対する敬意を持たない人"が"叩いて良いと判断した相手"をあらゆる形で追い詰めるのを「いじめ」と言うのでは? Hagex氏は低低能先生の命を... 頭は悪いけど、プライドだけは高い。 プライドを満たせなくて、卑屈になり、自尊感情/自己効力感が低い。 これは今の日本人が陥っている状態と同じである。   低能先生は、日本... 正義と悪の二元論じゃないんだよ。いじめって行為は、正義とか悪じゃなく、ただ単純に法と無法の間にある障壁を破壊する行為なわけ。 hagex氏が死んだのは氏が悪だったからじゃない... お前の言うことは全く正しいが、低能先生が事実村人A的存在で有り、自分からそのような存在に成り下がっていたという点に言及していない。. ド … ●   ●●● ○○○ ○ >「お前は理屈っぽい」 (3)物の正しい事。真面目な事。 第5版までは、「―児」という用例がありましたが、第6版で削除されています。  日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 (5)「六」の大事 ただ単に、あて字のようなものなのでしょうか?  自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む, 私は、安倍総理が嫌いです。 これも上記と同様です。「お前の考え方は正しい」ということですね。 ・夜飯のおごり たとえば、負けた方が勝った方の好きなところを10個耳もとでささやくとか、あえて人通りの多いところで立ち止まり見つめあって「愛してる」と言うとか。 私も未熟なところがあり、つい、かっ~となってしまい、夫は反省するどころか自分を正当化するため、いつも口論になります。でも、6年間見てきて、この人には、言っても無駄だと、ようやく悟りました。これからは、無駄なエネルギーは使わないように、怒りを抑えて、平常心で暮らせるように、修行の場だと思い、試練を乗り越えよう...続きを読む, >今、現在、職場や地域で、どうしようもない愚かな人間がいる方、どんな風に自分の中で消化して、対処されてますか?教えてください。 ですから、ちょっと使えないような総理大臣が頻出したりもします。 リコーダーを始めるに当たって、アルトを選択し、しかもバロック式で始められたというのは最良の選択だと思います。がんばってくださいね!, 変な質問ですみません。 」, 内田魯庵「三十年前の島田沼南 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。. 「やめてくれ-!」といったら「この匂いかげるうちはまだ幸せ者やわ!!生理なくなったらどれだけ悲しいか・・・(TT)この匂い嗅げなくなるんやで!」と私が生理になる度に小言言いますわ・・・(^^;) リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか? なんで、あの人が総理なんですか?意味わかりません。なんで、国民に総理を決める権利はないのですか?国民の意見を聞け!って感じです。私は、まだ選挙権がありません。ニュースでやってることしか見たことはないけど、国会の様子とか見てて馬鹿馬鹿しいです。国会であーだこーだもめて、もっと今、考えるべきことを考えてほしいです。例えば、子供の虐待とか、熊本の震災のこと、少子高齢社会のこととか。今の国会にやることは山ほどあると私は思います。なのに、どーでもいいことで...続きを読む, 安倍総理など、いろいろな総理が出てきましたが、それは誰かおっしゃられているように、民主主義的なルールに則って決められています。 今、現在、職場や地域で、どうしようもない愚かな人間がいる方、どんな風に自分の中で消化して、対処されてますか?教えてください。 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です), ・左派、革新、社会主義 小学3~4年生レベルです。松川さんの言った10歳児よりも1~2才程度低いですね。, 「説明」といっても、、、 昔は女性に権力が無かった時代背景があったとはいえ、亭主関白で女は夫に従い、夫は家を守るが普通でした。いわゆる男尊女卑の時代です。それでは不公平だと「男女平等」と女性が開発した言葉が生まれ、今では権力が暴走して女尊断碑(低 ただし、「無能」 という言葉になると、場合によっては使用しても差し支えない用語ではあるまいか、という気はいたします。, 「理屈」の意味について。よく「お前は理屈っぽい」「お前の理屈は正しい」「その理屈でいくと、こういうことになるよな」「理屈で物を語るな」・・・とか聞くんですけど、上記の使用例だけで結構ですので、理屈ってわかりやすく説明するとどういう意味なんですか? お前 前から発達障害と疑わしい「低能先生の弟子・低脳ネットサイコパスニートストーカーイラネ」だろ 空気読めないどころか いつも同じ迷惑書き込みばかりするバカは書き込むなよ お前 前から発達障害と疑わしい「低能先生の弟子・低脳ネットサイコパスニートストーカーイラネ」だろ 空 平気でデモをけなしたり、マスコミを無くせとか吠える「民主主義国家の国民」と言うのもなかなか無いですよ。 何故そんなことをしたのでしょうか?  と、そういう質問です。 元増田もトラバの連中も落ち着いて考えてほしいんだが、 「低能先生」が確固とした一個人だって保証はどこにもねえんだぜ? 適当な罵倒をちらして「低能」で〆れば低能先生のいっち... それな 安心して叩ける材料を調達してくる隊長がいなくなったから失望してるんだろうな. 低能先生から噛み付いてきて(低能、死ねなど)、それに対して反撃したら「いじめ」「ネットリンチ」って都合良すぎでしょ。 「HagexやKyoumoeの行動がいかに不当か」ということを順を... はてなでは死ねは挨拶みたいなもんでは? 死ねばいいのにとかいうタグカジュアルに使われてるし、きょうもえが死ね連呼しても誰も咎める様子もないしな. 世間の同意を得られそうもない憲法改正はひとまず置いて、自分達だけでやれる解釈改憲を先にしたく、その理由をチクチクと説明した… と。 」, gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。, 有島武郎「宣言一つ >「お前の理屈は正しい」 今も進化の途上にある人類は、ともすれば自分たちを、狩猟採集時代、農耕時代、産業革命、科学革命、IT革命を経つつ、ますます “知的”に、より “賢く” なってきていると思いがちである。, 以下に展開するわたしの説は、「人類は今、“第2次低脳化” の過程に入っている。人類は “総体” としては今リアルタイムで  “より低脳化しつつある”」 というものである。, わざわざ “第2次” と言っている点にもう気がつかれたであろう。そうである。 “第1次”低脳化 がすでに過去にあったのである。, この part 1 では、まずこの過去の “人類の第1次低脳化” について解説していきたい。, 実は 「人類の低脳化」 についての指摘は10年以上前から出てきている。それらはほとんどが、人類が 農耕生活 に移行した頃に起きたというものである。, 過去20万年間の人類の化石の検証によって判明した興味深い一つの考古学的事実がある。, この化石の調査はヨーロッパ、アフリカ、アジアで発見された人類の骨と頭蓋骨の大きさと構造に重点を置いたものであった。この研究チームの発見によると、最大のホモサピエンス が生きていたのは、今から2万年から3万年前であり、その種族の体重は176 から188 ポンド(79.83kg から85.28kg)のあいだで、脳の容積は 1,500 cc であった。, さらにこの研究チームは、およそ1万年ほど前に人類の体格と脳の大きさが小さくなり始めた ことを突き止めた。, 翻って、2000年から2010年の10年間における人類の体重は 154から176ポンド(69.85kg から79.83kg)、脳の容積は 1,350cc である。2万年から3万年前の最大級の人類の脳の 1,500ccと比べると、およそ10%の減少なので、およそテニスボール1個分が失われたと言える。, 20万年近くほぼ変わらなかった“ビッグサイズ”の人類が 急に“小型化” した  のはなぜなのか?研究者たちは、およそ 9,000年前に始まった、狩猟採集生活から 農耕生活への移行 に関係があるとみている。, 農耕生活への移行によって、食料の豊富な収穫が確保できるようになった一方で、栽培植物が非常に限定されていたために ビタミンやミネラルの慢性的な欠乏症 を引き起こし、それが人体の成長を妨げた可能性がある。中国の最初期の農民は米のような穀物を食べていたが、それらは成長に欠かせないビタミンBナイアシンを含有していない。, ミズーリ大学心理学教授のデビッド・ギアリーのチームは人類の190万年前から1万年前までの頭蓋骨の進化を調査した。ギアリー達によれば、その190万年近くの長い間にわれわれの祖先の社会的環境はますます複雑化してきた。ギアリー達は社会環境の複雑性の指標として 人口密度 を用いる。彼らの仮説によれば、人口密度が高くなり、より多くの人間がより近くに暮らすようになればなるほど、集団間の交流が多くなり、分業が進み、富が増え、人々の間でのさまざまなやりとりが増大する。, https://phys.org/news/2009-06-competition-bigger-brain.html, ギアリーのチームは、人口密度が高くなるにつれて脳の大きさが減少する ことを発見した。社会が複雑化するにつれて脳のサイズが小さくなったのは、人間が、個体間と集団間で協力しあうことによって、一人一人は以前ほど賢くなくても生存できるようになったせいかもしれない。, しかし、デューク大学人類学科のブライアン・ヘア助教授は、この脳のダウンサイジングは現生人類が祖先よりも馬鹿になったということを意味しないと言う。ヘア助教授は、野生動物の家畜化における脳の縮小化 についてこう語る。, 「ハスキー犬はたしかにオオカミよりも脳が小さいかもしれないが、オオカミよりも賢く、より洗練されている。ハスキー犬は人間とのコミュニケーションにおいて理解力を示し、人間の子供のように振る舞う」 と。, しかし、わたしはこの説に異論を唱えたい。牛でも、羊でも、ブタでも、ヤギでも、馬でも、そして犬でも猫でも、家畜化した動物は一般的に脳が縮小し、“低脳化”していることは否定しがたい。, いちばんの理由は、家畜化された動物は人間に保護されることによって、他の肉食獣(オオカミ、トラ、ライオン、クマなど)によって襲われて食べられる危険が劇的に低下したために、警戒心が不要になり、脳の負担が大きく軽減したため と考えられる。, 野生状態では、より脳が大きい警戒心の強い賢い個体ほど、より多くの子孫を残していたはずだ。ボンヤリしていた賢くない個体ほど肉食獣の餌食になっていたはずだ。しかし、家畜化されると、賢くない脳天気な個体も同じくらいに子孫を残す。, 実際、人間の裏をかいて逃げようとしたり、家畜化に抵抗する扱いにくい牛や馬や羊などはみな飼い主に殺されてきたのが家畜の歴史である。人間が特に知能の高い個体を淘汰(排除)することによって、家畜の “低脳化” を加速してきたのである。, “不要な能力” が淘汰されることには何の不思議もないと言えよう。牛や豚に高い知能を求める理由はないのだ。, 家畜化されれば、賢い個体も、賢くない個体も平等に同じだけエサにありつける。そうなると、脳が大きくて賢いことには何のメリットもなくなる。そうすると必然的に脳という器官の重要性が一挙に低下する。そうして、“重要性の低い部署への予算の削減” の結果、脳のダウンサイジングが進むのだ。, チワワやトイプードルは、 “食われる心配” も “食う心配” もない ので、人間様の相手という芸当をする余裕があるのだ。もし過酷な大自然に放り出されたら、その小さな脳では、自分で獲物を獲ることもできずに飢え死にする前に、肉食獣の餌食になるであろう。, そもそも 脳は過酷な自然界における生存の為の器官である。家畜のように生存が保証された環境では退化しないほうがむしろおかしい(不自然な)のだ。多少人間の相手ができることが知能の高いことではないのである。, 人間に戻して言うと、人間は “家畜化” されたために脳が縮小化した と言えるかもしれない。家畜となった草食動物たちは所有者のおかげで、もはや “食べる心配” がない。そして、大型の肉食動物に追い回され、襲われて “食べられる心配” もない。, 人間も同じである。かつて人間を襲っていた大型肉食獣は、弓矢や槍といった飛び道具を集団で使いだした人間から逃げるようになり、形勢が逆転した。人間は農耕生活に移行したために定期的な安定した収穫により “食べる心配” が劇的に少なくなった。, 狩猟採集時代は家族や部族のメンバーは、食糧の供給、危険の回避といった生存の為の知識や技能を全員が身に付けなければならなかった。しかし、農耕時代に入ると、まず食料の供給が安定した。農耕は基本的には単純な作業の繰り返しなので、頭を集中的に使わなければならない切迫した状況に直面する場面がずっと少なくなった。, 狩猟採集時代は、石器の作り方、弓矢の使い方、獣の習性や追い方や避け方、食べられる植物や木の実の見分け方、薬草の見つけ方や使い方、生活圏についての地理や植物相、動物相についての知識などなどの大自然でのサバイバルのためのありとあらゆる知識をひとり一人が身につけなくてはならなかった。狩猟採集民は一人一人がオールラウンドな “サバイバリスト” でなければならなかった。, 一人ひとりが“トライアスロンの選手”だったのだ。身体的にも頭脳的にも、持てるキャパシティをフル回転する場面は珍しくなく、そうした臨機応変な能力が一人ひとりに求められた。, しかし、農耕生活に徐々に移行するにつれて、そうしたライフスタイルは根底から変わってしまった。“農耕”はまさに “ゲームチェンジャー” であった。農耕生活は “野球” のようなものである。, 基本的には栽培植物の成長サイクルに従った集団的なルーティーン活動である。農業はたしかに家族単位でもできるが、穀物栽培は大きな集団でおこなうことによって大きな収穫が得られる食料供給方法である。, 農耕民は “野球選手” のように、ただ “監督”  の言う通りに動いていればいいのだ。農業は季節のサイクルに支配された事業である。そのサイクルを理解し、穀物に詳しいごく一部の人間が集団に指示して動かせば、すべてはうまくいくいのだ。, 野球と同じである。重要なのは “優れた監督” と “選手たちのチームワーク” なのだ。, 野球チームの選手全員が試合に勝つための作戦に頭を悩ませる必要はない。監督の手足となって、ただ指示に従っていればいいのだ。, そうして、個人プレー(生物個体としての能力) よりも チームワーク(集団としての能力) が重要になってきた。, 農村ではごく一部の人間以外は、自分の身体や頭脳のキャパシティを最大限に使う場面はほとんどなく、長老やリーダーの言う通りに動いていれば穀物倉は自然にいっぱいになり、人口も増え、分業も進み、階級も発生した。, 頭脳を使うのは “監督” であり、“大多数のメンバー” は “監督の手足” となって動けばいいだけであれば、全体としての人類の “低脳化” は必然であった。こうして “人類の第1次低脳化” が進行した。これは、人類のその脳の活動の負担が軽減化されていくプロセスであった。, もちろん一部の人間は常に他の大多数のメンバーよりも脳を活動させており、こうした差、分業は、階級分化につながった。つまり、人間社会が “頭” と “身体” に分化、分業化したのである。 動物社会ではこうした分業化は人間以外ではほとんど見られないが、ミツバチ、シロアリといった “社会性昆虫” ではごく普通に見られる。, 穀物主体の食糧供給体制によって、飢えるリスクは大幅に減り、人口も増えたが、構造的で慢性的な人類の栄養失調の時代が始まり、発育不全や病気のため身体も小柄になった。人口密度の高い集団生活によって、疫病が繰り返し発生した。農耕によって食糧の貯えができ、飢えのリスクから解放されることによって、脳に対する “淘汰圧” が低下し、人間の一人ひとりの “生物学的な脳” という器官は退化した。そして、“社会性動物” として、“チームワーク” を強みとしてきたのである。, 進化における何の不思議もない “微調整のプロセス” である。“設備投資の合理化” の結果である。, 地上や海中で十分にエサを得られる鳥が次第に翼を退化させていったのと同じである。ダチョウ、キウイ、ヒクイドリ、ヤンバルクイナ、ペンギン等々40種にものぼる鳥たちが飛翔能力を失ったが、「飛べなくなった」 というよりは、「飛ぶ必要がなくなった」 のである。, こうした現象を、わたしは “局部的退化現象” と呼ぶ。全体としてはよりよく適応して進化していても、システム内で局部的な後退、退化を含む場合はめずらしくない。深海魚や体内寄生虫にほとんど目がないのも、地中生活をするモグラ、ミミズに視力がほとんどないのも 実に合理的な “局部的退化現象” である。, ヘビが足を失ったのも、ティラノサウルスの前足が極端に萎縮していたのも “設備投資の合理化” の結果としての “局部的退化現象” である。“企業内での限られた予算の再配分” における “不要な部署への予算の削減” の結果 と言えばわかりやすいだろうか。, 実は、人間は、 “個体” としては、この “局部的退化現象” のデパート のような存在なのである。脳の退化は単にそうした “設備投資の合理化” の一端にすぎないのだ。, 脳や知的能力に限らず、人間のほとんどの感覚 (嗅覚、味覚、視覚、聴覚) も過去数千年の間にかなり退化していると思われる。, おそらくかつての人類は、いわゆる “第六感” と言われるような、今日では超自然的と見なされるような感覚も具えていたに違いない。, さらに言えば、さまざまな運動能力や体力全般 (握力、腕力、脚力、背筋力、跳躍力、持久力、敏捷性、咀嚼力(噛む力)) なども現代に下ってくるにつれて明らかに下回ってきている。, ご注意頂きたいが、これはあくまでもそれぞれの時代の人間の想定される平均値を問題にしている。現代のオリンピック選手と新石器時代の平均的人間を比べて反論しても意味が無い。いつの時代にも一部の能力に突出している人間はいる。, このように人間は、 “個体” としての “生物学的な身体的、知的能力” は相当に退化して貧弱、脆弱になってきている。にもかかわらず、“社会集団” としては、より環境に適応してきて、この地球上では かなり成功した “社会性生物” なのである。, この惑星で同様に繁栄している社会性生物としては、“社会性昆虫” のシロアリがいる。一匹一匹のシロアリは実にひ弱で取るに足らない生き物である。, 彼らの強みは、 “集団” としての “チームワーク” であり、 “システム的適応能力” である。, 「シロアリはとても弱い生き物です。目は見えず、餌は匂いのみで見つけます。体の表面もやわらかく、他の生物に触れられただけでもすぐ死んでしまったり、太陽の光を浴びればたちまち干上がってしまいます。そのため、移動する際は他の天敵から身を守るために、蟻道(ぎどう)という木・木片などで作ったトンネルを利用します。」http://www.shiroarikujo.jp/ecology/, まるで今日の人間のようではないか。或る意味で 現代の人類は “シロアリ化した霊長類” と言えるかもしれない。体毛のほとんどない人間の無防備な裸体は、シロアリの柔らかくて傷つきやすい体を思わせる。, 人間の “個体” としてのその最盛期は農耕生活に入る前であった とはっきり言えるだろう。, 「人間は “低脳化” してしまった」 と嘆くより、「“低脳化” しても集団としてしたたかに生きていけるようになった」 としてむしろ喜ぶべきなのかもしれない。“チームワークに長けた集団” としての進化と繁栄においては、“個体” としての身体的、知的な能力はさほど要求されなくなってきたとも言える。少なくとも進化論的には決して不合理な展開ではない。, しかし、代わりに “社会的な脳” が形をとってきた。つまり、“支配階級” の発生である。“人間”と“家畜”の関係  が “支配階級”と“隷属階級”の関係 に反映成されてきたのである。, ちなみに、「定住= 農耕」 ではない点にご注意いただきたい。農耕以前に定住生活がすでに存在していたことは、わが日本列島の1万2千年以上続いた 縄文文化 をはじめ、海外のいくつもの住居跡の考古学的な発見と調査によっても明らかになっている。, 「野球チーム全員が試合に勝つための作戦に頭を悩ます必要はない。監督の手足となって、ただ指示に従っていればいいのだ。」 と上に述べた。そして、こうした “頭” と “手足” の分業体制は農業革命、産業革命、情報革命を経て今日に至るまで続いている。, 今日のいわゆるサラリーマンが、もちろん監督などではなく、その他大勢の “手足となる野球選手” であろうことは誰にでも想像がつく。しかし、大会社の社長ですらそうした “選手” なのである。グローバル経済にあって、“監督たち” は文字通り “ひと握り” である。しかし、その “監督たち” はもはや人間ではないのだ。, 「人類は今、“第2次低脳化” の過程に入っている。人類は “総体” としては今リアルタイムで  “, 実は 「人類の低脳化」 についての指摘は10年以上前から出てきている。それらはほとんどが、人類が, この化石の調査はヨーロッパ、アフリカ、アジアで発見された人類の骨と頭蓋骨の大きさと構造に重点を置いたものであった。この研究チームの発見によると、, 翻って、2000年から2010年の10年間における人類の体重は 154から176ポンド(69.85kg から79.83kg)、脳の容積は 1,350cc である。2万年から3万年前の最大級の人類の脳の 1,500ccと比べると、, 農耕生活への移行によって、食料の豊富な収穫が確保できるようになった一方で、栽培植物が非常に限定されていたために, ミズーリ大学心理学教授のデビッド・ギアリーのチームは人類の190万年前から1万年前までの頭蓋骨の進化を調査した。ギアリー達によれば、その190万年近くの長い間にわれわれの祖先の社会的環境はますます複雑化してきた。ギアリー達は社会環境の複雑性の指標として, 人口密度が高くなり、より多くの人間がより近くに暮らすようになればなるほど、集団間の交流が多くなり、分業が進み、富が増え、人々の間でのさまざまなやりとりが増大する。, 協力しあうことによって、一人一人は以前ほど賢くなくても生存できるようになったせいかもしれない。, しかし、デューク大学人類学科のブライアン・ヘア助教授は、この脳のダウンサイジングは現生人類が祖先よりも馬鹿になったということを意味しないと言う。ヘア助教授は、, しかし、わたしはこの説に異論を唱えたい。牛でも、羊でも、ブタでも、ヤギでも、馬でも、そして犬でも猫でも、, いちばんの理由は、家畜化された動物は人間に保護されることによって、他の肉食獣(オオカミ、トラ、ライオン、クマなど)によって襲われて食べられる危険が劇的に低下したために、, 実際、人間の裏をかいて逃げようとしたり、家畜化に抵抗する扱いにくい牛や馬や羊などはみな飼い主に殺されてきたのが家畜の歴史である。, 人間が特に知能の高い個体を淘汰(排除)することによって、家畜の “低脳化” を加速してきたのである。, 人間様の相手という芸当をする余裕があるのだ。もし過酷な大自然に放り出されたら、その小さな脳では、自分で獲物を獲ることもできずに飢え死にする前に、肉食獣の餌食になるであろう。, 脳は過酷な自然界における生存の為の器官である。家畜のように生存が保証された環境では退化しないほうがむしろおかしい(不自然な)のだ。, 人間も同じである。かつて人間を襲っていた大型肉食獣は、弓矢や槍といった飛び道具を集団で使いだした人間から逃げるようになり、形勢が逆転した。, 人間は農耕生活に移行したために定期的な安定した収穫により “食べる心配” が劇的に少なくなった。, 狩猟採集時代は家族や部族のメンバーは、食糧の供給、危険の回避といった生存の為の知識や技能を全員が身に付けなければならなかった。しかし、農耕時代に入ると、まず食料の供給が安定した。, 農耕は基本的には単純な作業の繰り返しなので、頭を集中的に使わなければならない切迫した状況に直面する場面がずっと少なくなった。, 狩猟採集時代は、石器の作り方、弓矢の使い方、獣の習性や追い方や避け方、食べられる植物や木の実の見分け方、薬草の見つけ方や使い方、生活圏についての地理や植物相、動物相についての知識などなどの大自然でのサバイバルのためのありとあらゆる知識をひとり一人が身につけなくてはならなかった。, 狩猟採集民は一人一人がオールラウンドな “サバイバリスト” でなければならなかった。, しかし、農耕生活に徐々に移行するにつれて、そうしたライフスタイルは根底から変わってしまった。“農耕”はまさに, 農耕民は “野球選手” のように、ただ “監督”  の言う通りに動いていればいいのだ。, 頭脳を使うのは “監督” であり、“大多数のメンバー” は “監督の手足” となって動けばいいだけであれば、全体としての人類の “低脳化” は必然であった。, もちろん一部の人間は常に他の大多数のメンバーよりも脳を活動させており、こうした差、分業は、階級分化につながった。, 穀物主体の食糧供給体制によって、飢えるリスクは大幅に減り、人口も増えたが、構造的で慢性的な人類の栄養失調の時代が始まり、発育不全や病気のため身体も小柄になった。人口密度の高い集団生活によって、疫病が繰り返し発生した。農耕によって食糧の貯えができ、飢えのリスクから解放されることによって、, 脳に対する “淘汰圧” が低下し、人間の一人ひとりの “生物学的な脳” という器官は退化した。そして、“社会性動物” として、“チームワーク” を強みとしてきたのである。, 地上や海中で十分にエサを得られる鳥が次第に翼を退化させていったのと同じである。ダチョウ、キウイ、ヒクイドリ、ヤンバルクイナ、ペンギン等々40種にものぼる鳥たちが飛翔能力を失ったが、, ヘビが足を失ったのも、ティラノサウルスの前足が極端に萎縮していたのも “設備投資の合理化” の結果としての “局部的退化現象” である。“企業内での限られた予算の再配分” における, さまざまな運動能力や体力全般 (握力、腕力、脚力、背筋力、跳躍力、持久力、敏捷性、咀嚼力(噛む力)) なども現代に下ってくるにつれて明らかに下回ってきている。, 人間は、 “個体” としての “生物学的な身体的、知的能力” は相当に退化して貧弱、脆弱になってきている。, 「シロアリはとても弱い生き物です。目は見えず、餌は匂いのみで見つけます。体の表面もやわらかく、他の生物に触れられただけでもすぐ死んでしまったり、太陽の光を浴びればたちまち干上がってしまいます。そのため、移動する際は他の天敵から身を守るために、蟻道(ぎどう)という木・木片などで作ったトンネルを利用します。」, 「人間は “低脳化” してしまった」 と嘆くより、「“低脳化” しても集団としてしたたかに生きていけるようになった」 としてむしろ喜ぶべきなのかもしれない, 。“チームワークに長けた集団” としての進化と繁栄においては、“個体” としての身体的、知的な能力はさほど要求されなくなってきたとも言える。, ちなみに、「定住= 農耕」 ではない点にご注意いただきたい。農耕以前に定住生活がすでに存在していたことは、わが日本列島の1万2千年以上続いた, “頭” と “手足” の分業体制は農業革命、産業革命、情報革命を経て今日に至るまで続いている。, 今日のいわゆるサラリーマンが、もちろん監督などではなく、その他大勢の “手足となる野球選手” であろうことは誰にでも想像がつく。しかし、大会社の社長ですらそうした “選手” なのである。グローバル経済にあって、“監督たち” は文字通り “ひと握り” である。しかし、, 書評: 「三体」 “現代中国最大の衝撃作” !?  星2つ ★★☆☆☆ 2020.10.

Ark 樹液 バルゲロ 12, Tobu Hope Ncs Release Youtube 10, Ps4 ドラクエ3 会心の一撃 9, 地 が 二つ 入る四字熟語 8, ピリジン 塩酸塩 反応 5, サガフロンティア キャラ 画像 13, 府民共済 火災保険 割戻金 20, ファンキル タガタメ 最強 47, 英語 アフタースクール 渋谷区 4, 姫路聖マリア病院 駐 車場 料金 21, 後頭部 ぞわぞわ スピリチュアル 25, ドミニオン 呪い なくなる 5, 荒野行動 マセラティ 色 7, ピノ Cm みなみ 29, スーパー戦隊 歴代 モチーフ 4, Nhk 渡辺恒雄 平成 37, ポケモン タイプ:ワイルド 復活 10, 結婚式 エンドロール フォント 30, Toto 配当金 平均 10, いちごホテルリート投資法人 みん かぶ 5, 日産 モデルチェンジ しない 7, I See 歌割り 6, 朝 イチ 近江アナ 衣装 今日 5, 米津玄師 名言 恋愛 9, 有田pおもてなす プラスマイナス 動画 13, どうぶつの森 ブーケ Amiibo 4,

Compartilhar: