石井 幹大 青山学院 36

石井幹大,伊藤一成:人型ピクトグラムにおける効果線とその理解度の分析と評価,第14回日本感性工学会春季大会, (2019.03) 鈴木慶吾,石井幹大,伊藤一成:ピクトグラムにおける部分着色の一手法の提案とその検証,第14回日本感性工学会春季大会, (2019.03) 752-756 (2018.08), Kazunari Ito:   Pictogramming Workshop (Learning Programming Concepts with Pictogram Contents Creation), The proceeding of the 5th IAFOR International Conference on Education – Hawaii (IICE Hawaii 2020) , pp.165-176    (2020.01), Mikihiro Ishii, Kazunari Ito:   Implementation of Input Methods with Natural Language for Pictogramming, The proceeding of the 5th IAFOR International Conference on Education – Hawaii (IICE Hawaii 2020) , pp.177-192    (2020.01), 伊藤一成: 道聴塗説と同調圧力について考えさせるコンテンツGODOUCHO(ご道聴,ご同調), 情報処理学会・コンピュータと教育研究会情報教育シンポジウム SSS2015, (2015.08.18), 伊藤一成:ピクトグラミング – 人型ピクトグラムを用いたプログラミング学習環境 – 情報処理学会 情報教育シンポジウム SSS2017, (2017.08.18), 伊藤一成:ピクトグラミングを用いたデザイン教育とプログラミング教育の融合,日本デザイン学会 第66回研究発表大会, (2019.06.30), 伊藤一成:Picthon(ピクソン)- Pictogrammingを用いたPython言語の学習環境の提案 – , 情報処理学会 情報教育シンポジウム SSS2019, (2019.08.18), 伊藤一成:Picby(ピクビー)- Pictogrammingを用いたRuby言語の学習環境の提案 – , 情報処理学会 Entertainment Computing 2019 EC2019, (2019.09.22), 石井 幹大,伊藤一成:モバイルピクトグラミングへの音声による自然文入力機能の実装 , 情報処理学会 Entertainment Computing 2019 EC2019, (2019.09.21), 神田 剛志,伊藤一成:深層学習を用いたピクトグラム画像における多クラス分類問題とその応用 , 情報処理学会 Entertainment Computing 2019 EC2019, (2019.09.21), 伊藤一成,“大学におけるスマートフォンの活用事例”,情報処理学会誌,Vol.52,No.8,pp.1026-1029 (2011.08), 伊藤一成,“コラム さりげない情報教育のさりげなさ”,情報処理学会誌,Vol.56,No.9,p 897 (2015.08), 森本容介,伊藤一成 ”Webのしくみと応用(’19)”, 放送大学教育振興会,ISBN 978-4595319600 ,(2019.03), 2019-09-23 本研究室所属の修士1年石井幹大さんが2019年度情報処理学会関西支部大会で学生優秀発表賞を受賞しました., 2019-08-18 情報処理学会 情報教育シンポジウム SSS2019において,題目”Picthon(ピクソン)-Pictogrammingを用いたPython言語の学習環境の提案–”で発表し,優秀発表賞を受賞しました., 2019-07-15 情報処理学会学会誌2019年8月号の「2018年度論文賞の受賞論文紹介」のコーナーでピクトグラミングの論文紹介記事が掲載されました., 2019-06-05 2018年度情報処理学会論文賞および2018年度情報処理学会優秀教材賞を受賞しました., 2019-06-01 放送大学 TV講座「Webのしくみと応用(’19)」がスタートしました., 伊藤一成, 斎藤博昭: 汎用アノテーション記述言語MAMLの提案とその生成・処理プロセス, 情報処理学会論文誌TOD, Vol.45 No.SIG7(TOD22), pp.137-150, (2004), 伊藤一成, 酒井康旭, 斎藤博昭: 音声と映像の一貫性を考慮したニュース動画の要約, 日本データベース学会論文誌 DBSJ Letters, Vol.3 No.1, pp.5-8, (2004), 伊藤一成, 斎藤博昭: アノテーションの副次生成とテキスト処理への応用,日本データベース学会論文誌 DBSJ Letters, Vol3 No.1, pp.117-120, (2004), 伊藤一成, 高倉康弘, 斎藤博昭: 非単調活性化関数を用いたカオスニューラルネットワークとメモリサーチシステムへの適用, 電気学会論文誌C, Vol.124 No.3, pp.897-903, (2004), 伊藤一成 : アノテーションの概念に基づく情報可視化インタフェース,日本データベース学会論文誌 DBSJ Letters, Vol.4 No.1, pp.169-172, (2005), 伊藤一成,橋田浩一 : 絵文字のセマンティックオーサリングのためのオントロジー設計,情報科学技術レターズ, Vol.5, pp.63-65, (2006), 伊藤一成,橋田浩一 : 絵文字の利用と理解を促進するためのオントロジマッピング,日本データベース学会論文誌 DBSJ Letters, Vol.5 No.2,pp.93-96 (2006). 阿部裕行, 伊藤一成, Martin J. Dürst: アノテーションを活用した教材コンテンツ作成環境の構築, 情報処理学会・コンピュータと教育研究会情報教育シンポジウム SSS2007, pp.113-118,(2007), 中野由章,谷聖一,筧捷彦,村井純,植原啓介,中山泰一,伊藤一成,角田博保,久野靖,佐久間拓也,鈴木貢,辰己丈夫,永松礼夫,西田知博,松永賢次,山崎浩二:「大学情報入試全国模擬試験」の実施と評価: 情報処理学会・コンピュータと教育研究会情報教育シンポジウム SSS2014, (2014.08), 伊藤一成, 斎藤博昭, 中西正和: アクセス履歴を元にした推奨ページリストの提示, 情報処理学会第59回全国大会第三分冊, pp.385-386, (1999), 伊藤一成, 斎藤博昭: マルチモーダル対話コーパス検索/再生ツールの実装, 情報処理学会研究報告, NL142 also FI61, pp.31-36, (2001), 伊藤一成, 斎藤博昭: カオスニューラルネットワークを用いたメモリサーチの一手法, 電子情報通信学会技術研究報告, CAS2001-62 also NLP2001-51, pp.29-34, (2001), JEITA対話コンテンツ専門技術委員会(橋田浩一, 斎藤博昭, 伊藤一成他): JEITAマルチモーダル対話コーパス, 第 16 回人工知能学会全国大会, (2002), 野村雄司, 伊藤一成, 斎藤博昭: GDAタグを用いたテキスト自動要約, 言語処理学会 第 9 回年次大会, pp.206-209, (2003), 西岡伸紘, 伊藤一成, 斎藤博昭: 動画像からの人物情報記述データ自動生成システムの提案,電子情報通信学会信学技報 , PRMU2002-201, pp.1-6, (2003), 伊藤一成, 斎藤博昭: メディアデータに対するアノテーション記述仕様の策定とその応用, 情報処理学会研究報告, DD-38 also FI-70, pp.19-26, (2003), 高倉康弘, 伊藤一成, 斎藤博昭: 非単調活性化関数を用いたカオスニューラルネットワークの提案, 電子情報通信学会 信学技報, NLP2002-113, pp.1-5, (2003), 伊藤一成, 斎藤博昭: メタデータ解析に基づくメディア検索システム,情報処理学会研究報告, DBS-131, pp.515-520, (2003), 伊藤一成, 酒井康旭, 斎藤博昭: メタデータ解析と自然言語処理を併用した要約動画の生成, 情報処理学会研究報告, DBS-132, pp.41-48, (2004), 伊藤一成, 斎藤博昭: 汎用アノテーション記述言語MAMLとその適用事例,情報処理学会研究報告, FI-74(also DD-43), pp.63-69, (2004), 加藤一葉, 橋田浩一, 伊藤一成: 認知・知的障害者のための絵文字によるコミュニケーションツールの開発, 第52回日本デザイン学会研究発表大会 (2005), 滝本湖, 伊藤一成, 斎藤博昭: 汎用アノテーションシステム(MAMLSystem)を利用したWeb検索結果のグラフ表示, データベースワークショップ DBWS2005 (2005) (学生研究発表奨励賞), 堀江史郎,和田雄策,伊藤一成,Martin J. Dürst: HTML及びXMLにおけるbidi問題に関する一方策, 情報処理学会第68回全国大会, (2006), 森永哲郎,伊藤一成,Martin J. Dürst,橋田浩一: オントロジーを用いた文章と絵文の相互変換方式の提案, 情報処理学会第68回全国大会, (2006), 村田菜々子,伊藤一成,Martin J. Dürst: Web アノテーションの効果的な視覚表現手法, 情報処理学会第68回全国大会, (2006), 池谷 武,伊藤一成,Martin J. Dürst: フォーマットの診断によるプログラミングスタイル支援システムの提案, 情報処理学会第68回全国大会, (2006), 米川和宏,伊藤一成,Martin J. Dürst: HTML及びCSSにおけるIRIテスト環境の提供,情報処理学会第68回全国大会, (2006), 阿部裕行,伊藤一成,Martin J. Dürst: 構造マイニングと自然言語処理によるハイブリッド処理ライブラリ,情報処理学会第68回全国大会, (2006), 望月英樹,伊藤一成,Martin J. Dürst: 個人の発信メディアに対するコンテンツ創出手法,情報処理学会第68回全国大会, (2006), 大江原容子, 伊藤一成,橋田浩一: 自然言語文との相互変換を目的とした絵文字デザイン, 第53回日本デザイン学会研究発表大会, (2006) (, 阿部裕行, 伊藤一成, Martin J. Dürst: ピクトグラムを用いた放送コンテンツの内容理解支援方式の検討, データベースワークショップ DBWS2006 DBS-140,pp.491-495, (2006), 伊藤一成, 橋田浩一: 絵文字の利用と理解を促進するためのオントロジマッピング, データベースワークショップ DBWS2006, (2006), 伊藤一成, 藤原司, 橋田浩一: セマンティックビデオオーサリングによるニュース動画群からのダイジェスト生成, 人工知能学会 第74回知識ベースシステム研究会 SIG-KBS-A601,(2006)(, 岡田尚希, 伊藤一成, Martin J. Dürst: Web における構造化エディタを用いたコラボレーション環境の実現, 情報処理学会 グループウェアとネットワークサービス研究会 IPSJ-GN-62, pp.103-108, (2007) (, 阿部裕行,伊藤一成,Martin J. Dürst: Webサービスを活用した学習教材のリッチコンテンツ化に関する検討, 情報処理学会 コンピュータと教育研究会 IPSJ-CE-88,pp.151-156, (2007), 中島正登,伊藤一成,Martin J. Dürst: C 言語プログラミングにおけるフォーマット特性の抽出,情報処理学会第69回全国大会, (2007) (, 長島徹,伊藤一成,Martin J. Dürst: 電子メールアドレス・ヘッダの国際化に対応するクライアントソフトの実装,情報処理学会第69回全国大会, (2007) (, 川上建一郎,伊藤一成,Martin J. Dürst: Web アノテーションシステム Annoplus の拡張,情報処理学会第69回全国大会, (2007), 石井祐介,伊藤一成,Martin J. Dürst: 構造解析に依存しない部分識別によるプレーンテキスト資源上のアノテーション付加,情報処理学会第69回全国大会, (2007), 島田拓也,伊藤一成,Martin J. Dürst: Ruby における文字コード変換ライブラリの統合,情報処理学会第69回全国大会, (2007), 小林健雄,伊藤一成,Martin J. Dürst: データ転送ツール curl の国際化 – IRI への対応-,情報処理学会第69回全国大会, (2007), 小林曜峰,伊藤一成,Martin J. Dürst: 電子掲示板における記事情報の効率的活用のための一考察,情報処理学会第69回全国大会, (2007), 岡田尚希,伊藤一成,Martin J. Dürst: 構造化を促進するための XHTML エディタの開発,インタラクション2007, (2007), 小林曜峰,伊藤一成,Martin J. Dürst: 記事構造に microformats を利用した電子掲示板,インタラクション2007, (2007), 藤森誠, 伊藤一成, Martin J. Dürst, 橋田浩一:ピクトグラム群配置とそのアニメーションにおける感性的認識に関する検証, 第9回日本感性工学会大会, (2007), 藤森誠, 伊藤一成, Martin J. Dürst, 橋田浩一:ピクトグラムの二次元配置に関する視認性の検証, 日本認知科学会第24回大会, pp.402-407, (2007), 前村武,藤森誠,伊藤一成,Martin J. Dürst: SVG 作成フレームワーク S, 朝日信成,藤森誠,松田基弘,伊藤一成,Martin J. Dürst: 採点者の意図を加味した自由記述採点支援システム,情報処理学会第70回全国大会, (2008), 富永晃司,伊藤一成,Martin J. Dürst: Ruby における外部に依存しない文字コード変換方法の提案と実装,情報処理学会第70回全国大会, (2008), 田辺豊博,伊藤一成,Martin J. Dürst: 携帯電話での microformats の利用: カレンダー情報を例として,情報処理学会第70回全国大会, (2008), 松田基弘,伊藤一成,Martin J. Dürst,橋田浩一: SVGの編集情報の差分の汎化による概念抽出,電子情報通信学会・データベース学会合同ワークショップ DEWS, (2008), 莊司慶行,松田基弘,伊藤一成,Martin J. Dürst: 統合型メタ翻訳の提案,電子情報通信学会・データベース学会合同ワークショップ DEWS, (2008). E-LEARN 2012 – World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education, Montreal, Canada (2012), Aoi Yoshida, Kazunari Ito and Kazuhiro Abe: A practical report on a course of learning by making at the university in Japan, Constructionism 2016 (2016), Kazunari Ito:  Mobile Pictogramming, IMCOM(International Conference  on Ubiquitous Information Management and Communication) 2019, pp.547-553  (2019.01), Mikihiro Ishii, Kazunari Ito: Presence of Motion Lines in Human Pictograms: Analyses and Evaluations ,International Association of Societies of Design Research Conference 2019 (IASDR 2019) ,   (2019.09), Kazunari Ito: A practice and evaluation of “Pictogramming” from the viewpoint of design and art education , IEEE FIE (Frontiers In Education) 2019, pp.1-6  (2019.10), Kazunari Ito: Figure Drawing Method Based on Human Motion using Pictogramming, Kazunari Ito, Yoshiaki Nakano, Hitoshi Inoue:   Pictogramming Workshop, The 18th Annual Hawaii International Conference on Education,  (2020.01), Kazunari Ito: Work in Progress: Block Pictogramming -A Block-based Programming Learning Environment through Pictogram Content Creation-, IEEE Global Engineering Education Conference (EDUCON 2020) , pp.1669-1673 (2020.4), Kazunari Ito: Picthon – A Learning Environment of Python through Pictogram Content Creation –  , IEEE FIE (Frontiers In Education) 2020, pp.1-6  (2020.10) (to appear), 伊藤一成, 松井洋: GDAを用いた動画検索システムの設計と実装, 情報処理学会 第44回プログラミングシンポジウム, pp.155-158, (2003), 伊藤一成: 非意識的な操作や文章入力からのアノテーションデータ自動生成とその応用, 情報処理学会 第45回プログラミングシンポジウム, pp.1-9(2004), 伊藤一成, 曽我真也, 斎藤博昭: マルチモーダル記述仕様の策定とメディア生成への適用, 電子情報通信学会・データベース学会合同ワークショップ DEWS, (2004), 伊藤一成, 酒井康旭, 斎藤博昭: 音声と映像の一貫性を考慮した要約動画の生成, 電子情報通信学会・データベース学会合同ワークショップ DEWS, (2004), 伊藤一成, 斎藤博昭: アプリケーションの操作と入力に基づく自動アノテーション, 電子情報通信学会・データベース学会合同ワークショップ DEWS, (2004), 伊藤一成, 斎藤博昭: アノテーションの概念に基づく情報可視化インタフェースの提案 , 電子情報通信学会・データベース学会合同ワークショップ DEWS, (2005), 山根木 浩平, 伊藤 一成, 斎藤 博昭: 汎用アノテーションシステム(MAML System)のe-Learningへの適用, 電子情報通信学会・データベース学会合同ワークショップ DEWS, (2005), 阿部裕行, 伊藤一成, Martin J. Dürst: アノテーション処理のための基盤ライブラリの構築, 電子情報通信学会・データベース学会合同ワークショップ DEWS, (2006), 伊藤 一成, 森永 哲郎, Martin J. Dürst, 橋田 浩一: 知的コンテンツを用いたコンテンツ及びメディア変換, 電子情報通信学会・データベース学会合同ワークショップ DEWS, (2006), 松田 基弘,伊藤 一成, Martin J. Dürst, 橋田 浩一: ピクトグラムの構成要素に関する最適配置方式, 電子情報通信学会・データベース学会合同ワークショップ DEWS, (2007).

Jr西日本 人事異動 2019 6, 2020 花火大会 開催予定 4, 三井ホーム 規格住宅 値段 10, アーマーガア 夢特性 交換 7, 出産 漫画 痛い 6, サプリメント 副作用 腎臓 7, Pso2 ドゥームブレイク エンドレス 4, ミラティブ Ps4 真っ暗 25, Nhk 石井隆広 年齢 8, 佐々幸範 死去 原因 53, カーセンサー 評判 悪い 5, ゴッドイーター3 主人公 名前 5, シネリーブル梅田 座席 おすすめ 4, アウトランダー フルフラット やり方 20, ダニ カビ スプレー 4, 将棋 アマチュア 段位 目安 7, 攻殻機動隊 Sac_2045 5ch 6, 福山雅治 昔 の曲 7, 高岡市 パン屋 べべ 8, Ig 証券 サンデーダウ 7, Davinci Resolve エンド 5, 堂本剛 自宅 渋谷 22, 毛糸 マスク 編み図 15, サッカー 強い国 2020 7, パリ サンジェルマン 略称 4, モバマス 重い スマホ 12, キムジウォン チング 熱愛 4, ゼロワン フィギュア ソフビ 4, 一護 織姫 小説 ネタバレ 8, インスタ ママ 痛い 44, 梅干し に こごり 7, 太鼓さん次郎 空手 家の子 5, 小野田坂道 2 連覇 4, シアリス 通販 安全 13, 相馬直樹 鹿島 確執 26, スマホ画面割れ レジン 100 均 5, 米津玄師 海の幽霊 Mp3 10, Felix 意味 ラテン語 11, Make Oneself 意味 6, 軽井沢 アウトレット 落し物 4, コウノドリ 今橋先生 娘 9, 鏡 自己暗示 モテ る 14, 耳 たこ イヤホン 6, 王家の紋章 ネタバレ 2020 8, 生年 月 日占い 22, 和田唱 ギター うまい 4, 竹田恒泰 の Youtube 6, Paradox の アカウント 16, 閃の軌跡4 盟主 正体 18, 하지 意味 語尾 48, ハイター ブリーチ コロナ 12, 高塚 智人 グラブル 10, The Yellow Monkey I 4, Gucci コラボ 歴代 29, 志村けん 加藤茶 関係 5, 心臓mri 遅延造影 パターン 5, 小林由依 ドラマ 月9 11, ソンジュンギ ソンヘギョ 復縁 7, Tokioインカラミ プレミアム プラチナム 違い 8, ヤマダ電機 ゲーム 在庫 21, 速読英単語 上級編 レベル 4, イエスタデイをうたって 配信限定エピソード 違い 13, 能代工業バスケ 監督 佐々木 16, ヨーロッパ 移籍期間 2020 11, 空飛ぶタイヤ ネタバレ ドラマ 5, Ovation Usa 復活 18, 犬 眼瞼内反症 手術費用 15, エアコキ ガバメント カスタム 4, クーリッシュ Cm 歴代 8,

Compartilhar: