ポケモン 歴代ライバル 最強 6

 また続編のBW2にも登場。ただしライバルとしてではなくヒオウギシティジムリーダーとして主人公に立ちはだかる。, チェレン同様カノコタウン出身のトレーナーで主人公の幼馴染。天然である。旅立つ際に父親に強い反発にあうが後のイベントで仲直りする。また夢の跡地でムンナを蹴ったプラズマ団に向かって「やめたげてよお!」と叫んだ。また主人公に対して相性で不利な御三家をパートナーにする。

この記事では、ポケットモンスターのゲームシリーズに登場するライバルキャラクターについて記述する。, 各作品とも、基本的には主人公と同じ年頃の少年ないし少女。主人公と同じように最初の3匹の中から1匹を受け取り(あるいは奪い)、トレーナーとして旅立つ。この時ライバルの選ぶポケモンは、主人公の選んだポケモンに対してタイプ相性が良いものとなる。, 冒険の中でも様々な場面で鉢合わせ、場合によっては勝負することになる。彼らもまた冒険を通して少しずつ成長しており、戦うごとに手持ちのポケモンが強化されている様子が見られる。最終的には一般のトレーナーを遥かに越えた強さを持ち、作品によっては最強の敵として立ちふさがることとなる。, デフォルト名はグリーン(赤版)、シゲル、ジョンなど。なぜか戦闘画面のグラフィックが2回も変わる。アニメのシゲルのモデル。と言っても赤・緑・青のグラフィックはあまり公式イラストに似ておらず、なぜか後ろ髪がやたらとハネている。ピカチュウ版で補正が掛かり、公式イラストやアニメに準拠したグラフィックとなった。, マサラタウンの主人公の近所に住む茶髪の少年。オーキド博士の孫であり、図鑑の完成をめざしつつ最強のトレーナーとなるのが夢。自信家でいやみったらしい性格であり、しばしば主人公に対してあてつけのような発言を行うことも。しかしその実力は確かで、終盤においてはなんとカントー地方のポケモンリーグチャンピオンまでのぼりつめ、四天王を撃破してきた主人公に勝負を挑んでくる。ストーリー進行上では歴代最強レベルのライバルである。(クリア後はジュンが最強), 赤緑の3年後にあたる金銀・HGSSにおいてはサカキに代わるトキワジムリーダーとして登場。名前はグリーンで統一されている。少しは落ち着いたもののやはり自信家な性格は健在で、主人公とグリーンバッジをかけて戦うこととなる。ゲーム全体を通して唯一専門とするタイプを持たないジムリーダーである。歴代最強のジムリーダーでもある。, 鋭い目つきをした赤髪の少年。 最初はウツギ研究所の中を窓から覗いており、不審な様子を漂わせる。その後ウツギ研究所からポケモンを盗み出して自らの手持ちとし、主人公にたびたび勝負をしかけてくる。ある理由から最強のトレーナーとなるのが目標で、そのために手段は問わずひたすら強いポケモンを求める。強さこそが全てという信念の元に行動していたが、主人公と関わることで少しずつ彼の心境にも変化が見られるようになる。いわゆるツンデレ。, ポケモンに対して厳しい態度を取り、主人公に負けるといつも自分のポケモンが弱いと言うが、彼の手持ちからメンバーが抜けたことは実は一度もない。(初代ライバルの手持ちからはラッタが消えたことがある。この理由についての考察も諸説ある)最終的にはポケモンが自分を信じてくれるから自分も頑張ると言う主旨の発言をするようになり、ゴルバットがクロバットになつき進化するなど、ポケモンに優しく接するようになった面が垣間みれる。, リメイク版では殿堂入り後に盗んだポケモンをウツギはかせに返しにくるというイベントが追加された。盗まれたポケモンがライバルにとても懐いている姿を見て、ウツギはかせは彼を許し、正式に譲り渡した。はかせの助手は「帰る時の彼の横顔がとても幸せそうだった」と語っている。, 作中ではロケット団をやけに嫌悪する様子が見られるが、それにはある秘密が隠されていることがHG・SSの隠しイベントで発覚した。, RSEにおいては、プレイヤーが選ばなかった方の性別の主人公がライバルとして登場する。♂主人公を選んだ場合はハルカ、♀主人公を選んだ場合はユウキとなる。名前はデフォルト固定。, オダマキ博士の娘/息子で、主に彼を助けてポケモンの調査をしにホウエン地方を回っている。戦うのは得意ではないらしく、実際に作中でライバルとして戦うのはストーリー中盤まで。このため御三家の最終進化形を見ることなく終わってしまう。, リメイク版では(以下反転)ライバルポジションとしてはフェードアウトするが、初回殿堂入り後のエンディングで賞金の入らないエキシビジョンマッチとして一度だけ戦える。このためオリジナルの流れを汲みつつ御三家の最終進化系・メガシンカ形態を拝むことができるようになった。また、バトルハウスのマルチバトルでパートナーとしてタッグを組むことが出来たり、追加シナリオの最後では主人公と二人でシシコ座流星群を見るイベントも。完全にデートだコレ, 病弱な緑髪の少年。ライバルであると明言はされていないが、ストーリー中幾度か戦うため上の2人と合わせてライバルポジションにいると考えられる。名前はデフォルト固定。最初は病気もあいまって弱々しい性格だったが、主人公の助けを借りてラルトスをゲットしてからはポケモンと一緒に戦うことに楽しさを見いだし、ストーリー終盤ではチャンピオンロードのトレーナー達にも見劣りしないほどの実力となって主人公に勝負を挑んでくる。, またリメイク版では(以下反転)初戦後に「できたら あなたの ことを ぼくの ライ……」と言いかける台詞があったり、チャンピオンロードではリメイク前よりも更なる飛躍的な成長を見られたりと、よりライバルとしての側面が強まった。ちなみに専用テーマの曲名は「ミツルのテーマ」と「ライバルのテーマ」。, 主人公の近所に住む、とにかくせっかちな金髪の少年。「遅れたら罰金な!」「なんだってんだよー!」が口癖。登場するたびに人にぶつかってばかりいる。父親はバトルフロンティアのタワータイクーン・クロツグで、彼のような強いポケモントレーナーになるのが夢。彼と親交のあるノモセジムリーダーのマキシを師匠と呼び、よくまとわりついているらしい。序盤はかなり楽観的に最強のトレーナーを目指していたが、ギンガ団との戦いの中で次第に本当の強さとは何かを考えるようになる。, ストーリークリア後にしょうぶどころへ行くと曜日限定で彼と戦うことができるが、幾度も殿堂入りを繰り返して最大に強化された状態の彼の手持ちはかなりの高レベルを誇る。中でもプラチナにおける強化後の御三家進化体はLv85。これはフロンティアのオープンルールを除く歴代全ての相手トレーナーの手持ち中で2番目に高レベルのポケモンとなっている。(1位はHGSSレッドのピカチュウLv88), カノコタウン出身のトレーナーで主人公の幼馴染。物知りであり序盤では主人公やベルに対してアドバイスをする。ポケモンについて「強さが全て」と考えていたがアデクやヤーコン、プラズマ団との戦いを通して考えが変わっていった。 600族のポケモンは、伝説や準伝説以外で、種族値の合計が600を超えるポケモンのことを指します。一般的に、600族と呼ばれるポケモンは、歴代全部で9体存在します。今回は、600族ポケモンの一覧と600族最強ランキングをまとめました! が、実はシスコン…ではなく、妹想いで優しい性格の少年である。, 公式の悪意により(むしろよくやった)発売前からネタ要因として定着してしまったちょっとかわいそうな人。, 過去作品とは違い、ときには助け合う友人であり、ときには一緒に成長しながら競い合うライバルでもあると言う位置付けになった。歴代シリーズのライバルポジションはセレナ/カルムだが、本作では御三家入手直後や序盤でバッジを1つ以上取った後の道中など、過去作でライバル戦が起こっていた場面でセレナ/カルムの代わりに他の3人のうちの誰かと戦うことがあり、マルチバトルのイベントもある。殿堂入りまでに4人うちのの誰かと対戦する回数を合計すると10回となり、歴代最多となる。戦闘BGMは4人共通で、3D化したためそれぞれ固有の登場モーションや敗北モーションがある。セレナ/カルム以外の3人とは限られた回数しか対決出来ないが、殿堂入り後は3人ともバトルハウスのマルチバトルでタッグを組むことが出来る。, ルビサファと同じようにプレイヤーが主人公として選ばなかった性別の主人公がライバルとして登場する。名前はデフォルト固定で、♂主人公を選んだらセレナ、♀主人公を選んだらカルム。どちらも主人公版と異なり無帽で、セレナは♀主人公デフォルトの髪型と異なりポニーテールとなる。, プレイヤーが選んだ御三家に対して有利なタイプを選んでくるのは歴代ライバルキャラと同じだが、初対決は3つ目のジム戦へ挑む直前とかなり遅く、御三家の初期形態と戦う機会がない。また、度々タッグを組んでマルチバトルをすることが多く、初対決よりも前にタッグを組む機会があるほか、フレア団イベントでは何度かタッグで戦うことになる。, アサメタウンへ引っ越してきた主人公の隣に住んでおり、最初は同じ町に住む友人として接しているが、その後次第に主人公をライバルとして意識するようになる。, 褐色肌の女の子で、主人公の選んだ御三家に対して不利なタイプを選んでくる。御三家入手直後の初バトルもセレナ/カルムではなくサナと行う。, 強くなるためというより思い出作りのためにトレーナーとして冒険をしており、イベント発生時にはよく姿を見せる。そしてしれっと活躍する。, 太めの体格が特徴で、見かけによらずダンスが好きな少年。ライバルキャラだが御三家ポケモンは使わない。主人公と何かを競い合う意思はないようだが、時々思いついたように勝負を申し込んでくる。, ポケモンでダンスチームを作りたいと言っており、「~のまい」や「~ダンス」と言った技を好む。友人思いの心優しき少年だが、冴えない外見とそれに似合わぬ軽快な動きにより一部のプレイヤーからダンシングデブと言われている。, 小柄であり、誰にでも丁寧語で話すショタ。ティエルノ同様に御三家ポケモンを使わないライバルキャラ。, リリィタウンに住む褐色の肌に半袖短パンの少年。メレメレ島の島キングハラの孫で、「本気のじいちゃんに勝つこと」を目標の一つにしている。カントー地方から引っ越してきた主人公とともに島めぐりの試練に挑むことになる。語尾を伸ばして喋るのが特徴で、笑顔を絶やさない明るい性格。, スカル団の雇われ用心棒として8ばんどうろのモーテルを拠点にしている若干中二病のクールな少年。タイプ:ヌルをパートナーとしていて、バトルロイヤルでは実力者として知られているらしい。, したっぱからは「正式なスカル団じゃない」と煙たがられているが、グズマには気に入られている模様。謎の多いコスモッグについての事情を知っているようで…。, タイプ:ヌルが進化したシルヴァディは特性により最初に選んだ御三家に有利なタイプに変化する。, 2017/01/26(木) 18:42:02

帰宅 メール ビジネス 18, Ion Io6 スニーカー 12, ヤマボウシ 花 時期 6, ダブルスコア ゲーム 発売中止 5, 仮面ライダー 簡単な 書き方 4, P90 トリガー 改造 11, 高校 保護者会コーデ 夏 9, ドラクエ10 写真 テクニック 6, 大園桃子 実家 住所 14, 葵 読み方 り 24, 看護 事例検討 パワーポイント 11, Maria ラッパー 体型 15, 1996年 甲子園 選手 9, ジェラルドフォード 空母 プラモデル 5, 宇都宮大学 Moodle 国際 学部 4, 小笠原道大 プロスピ 査定 12, 愛子 ツイッター ふわっち 14, アミィ キリヲ 絶望 9, ミディアムボブ ヘアアレンジ ストレート 7, 盛岡一高 合格点 2019 8, 英語 スポーツ ゲーム 4,

Compartilhar: